飯食ってて、思ったこと

7月 15, 2014

夕食を食おうとラーメン屋さんに入りました。豚骨ベースの結構ボリューミーなお店で、スープはまぁまぁおいちゃんの好み。だが、麺がなぁ。おいちゃんの好みではない麺でね。そこだけ残念だったのだが、一つ、ものすごく目に付いたことが。

そこのラーメン屋の多分大将と思しき年配のおじさんがね。厨房で盛りつけしてる店員に向かって言ってるのよ。

「そこは、違うッツってんだよ!何をやってんだよ( ゚Д゚)ドルァ!!ちゃんとやれよなぁ!!」

まぁ、店員の指導をしてるのかもしれん。まぁ、それは必要なことなのかもしれんのだ。だがね。まず飯食ってる時に、

怒号罵声は、気分が悪い。

また、もう一つ言いたい

お前ん所は、そんな怒られるような奴に商品出させてんのか?

つまり、俺が今食ってるラーメンは大丈夫なのか?金払う価値があるのか?と甚だ疑問になる。そういう酷いもの食わせてるわけじゃないんでしょ?かりに酷かったとするなら、金払わせるのは間違ってる。そういう指導は、客から見えない裏でやって欲しいんだよねぇ。

と、言うのは、客の立場で思ったのだが、自分の身になっても考えた。自分の部下が、客前とかに出てプレゼンするとき。客前で罵るのはタブーだな、と。まず本人も落ち込むし、客に対しても失礼。落ち度は確かにあるかもしれない。だが客前ではフォローして、何事も無かったかのようにしてやらないといけない。そして指導は裏で、しっかりと、教育的に行われないといけない。それが仕事のマナーであると。

おいちゃんは、指導の中では、怒ることも、また必要であるならば体罰もありだと思う。だが、それにはルールがあるし、人を成長させるものでないといけない。

と、イケてない指導を見て、自分は気をつけようと心に誓いました。あー気分悪かった。

posted in マイライフ, マイワーク, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード