GRオフ会参加♪

3月 24, 2014

_DSC6363_105_F4,0_S30_ISO1600_140321先日の金曜日、横浜にて、RICOHイメージングさん主催の、GRオフ会に参加してまいりました。ゲストに写真家ハービー山口さん、シンガーソングライターの竹仲絵里さんをお迎えしてのトークショー&弾き語りでございました。1ヶ月ほど前にGRを購入し、その能力の高さに驚くとともに、使いこなしもまだまだイマイチのため、ここはプロの作品をみてお勉強だな!と思い、しっかりとお勉強させて頂きに行って参りました。ハービーさんは、モノクロの人物作品が非常に有名ですが、そのハービーさんの写真家として生きていく覚悟を決めた一言、ミュージシャン ジョー・ストラマー氏からかけられた一言「少年、撮りたいものがあるならば全て撮れ。それがパンクだ!」という逸話。あぁ、かっこいいなぁ~。こういう人生を大きく決断させる一言って、あるんですねぇ。おいちゃんは、なんかあったかなぁ?本を読んでて出会った言葉かなぁ。なんか、こういう言葉との出会いって、開眼したかのように一歩考えを進めてくれますよね~。
で、人物スナップを撮影するときのコツですとか、いろいろ参考になったのですが、とても心に引っかかったこと。
「photographyっていう言葉はね、photo=光、graph=画でね、光画っていうのが、本来の意味で…」

ん?

「僕はね、逆光が大好きで、逆光で撮るとき、やった!って思うんですよね~」

おや?

これは某有名マンガの言葉

逆光は勝利

って意味?
ちなみに、鉄道写真の巨匠 中井精也氏は、「頭上の余白は敵だ」とおっしゃっていた。これで、某漫画の2つの言葉の意味がわかった、ような気がする。

残りは

  • トライXで万全
  • これを4号か5号で焼いてこそ味がある
  • 世はなべて3分の1
  • ピーカン不許可

この言葉の意味が解明されれば、すべての謎が解ける…(笑)実は、某漫画の言葉って、結構プロ写真家さんから聞くこと、多いんだな…って正直びっくりしていたりします。写真に少し真剣に取り組み始めて、ほんの数ヶ月ですが、改めて温故知新という言葉を思い出しました。思い切って、知り合いの写真家さんに聞いてみようかな…(笑)

posted in マイライフ, 写真 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード