STAP細胞論文騒動に思う

3月 17, 2014

STAP細胞 理研が論文取り下げ検討を表明

Nature誌に投稿され、話題となったSTAP細胞論文。再現性が確認出来ないという各研究機関の報告から端を発した論文盗用?疑惑。STAP細胞の存在事態を危ぶまれる事態になり、とても残念なことです。
発表当時は、小保方ユニットリーダーだけがやたら注目され、STAP細胞自体の有効性が議論されず、落ち着いたと思ったらスキャンダル騒動。私個人的には、話題性にのみ振り回されて、研究自体にはほとんど触れられず、残念な結果になってしまったとしか思えません。

さて、今渦中の盗用疑惑からSTAP細胞の存在有無については、研究成果の検証が必要でしょうから、これからの調査が待たれるところです。成果が事実であれば、画期的な事だと思いますので、投稿された結果が完全で無いにしても、ある程度の成果はあって欲しいと思う次第です。
んで、おいちゃんは調査結果の発表で感じた妙な違和感について言及したい。

今理研にて論文内容の検証が行われておりますが、先日の調査結果の中間発表においては、どうも過去論文の画像流用があったとか、引用なしの他者論文の文面コピペがあったとか言われています。調査結果であるかぎり、確かに内容が不完全で、行けてない内容があったということは、事実なのでしょう。んが~、あの理研で発表していたお偉いさんの発言がね。どぉ~にも納得できないの。「小保方氏程度の技量では、研究成果をまとめられる力がない」だの、「研究者が非常に未熟でイケてない」だの。記者の「理研の管理体制には問題ないの?」の質問には、「無い。小保方氏の力量の問題だ」と言ってましたね。理研においてユニットリーダーの役職がどれほどの権限を有しているかはよく分かりませんが…

小保方氏に全ての責任を押し付けているように見える

んだが…おじさんの感覚的には、確かに小保方氏の研究であったのでしょう。が、その成果は、独立行政法人である理研も保有するわけでしょ?だとしたら理研の名前も背負って発表しているわけだから、理研が研究の責任を負うべきだ、とかんがえる。よくよく見てみれば、ユニットリーダーの上司である副センター長、センター長ってポジションの人もいるわけだから、この役職の方々も、発表するか否かの判断はすべきである。また、共同著者の人たちもいるわけだから、この人達も査読していてしかるべきである。

また、おいちゃんも過去大学院で研究していた立場なので、大体状況知ってはいるが、大体研究者って、その筋で研究している内容って、学会発表とかされるから、大体どんな人達がどんな研究やってるかは押さえている。だから、論文の内容読めば、書かれている内容が、誰かの発表にあった内容かどうかは、大体分かるはず。その部分に引用文がなければ、すぐ分かるはずだし、そのための共著者でしょ、と思うんだがねぇ…また、研究成果については、悪いけど発表前時点で成果の交換をやって、お互い検証してるんじゃ、ないのか…???それをやってなかったとしたら、その共著者、何やってたの?ってことになるわけで。
多分小保方氏も優秀な方であろうことは事実だと思うのです。次代を担う研究者であろうと。だが、このスキャンダルで、潰されてしまうのだろうか…今や最先端から取り残されつつある日本の科学技術の、次代の担い手を潰してしまうことにならなければいいがと思わずにはいられません。

願わくば、STAP細胞自体が捏造であった、などという結末にならないことを望みます…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード