雪害時に天ぷら食ってたら問題なのか…??

2月 19, 2014

【大雪】山梨県が緊急事態なのに高級料亭で天ぷらを食べる安倍総理に物議 / ネットの声「オリンピック見て天ぷら食ってる場合ちゃうぞ」

「(´へ`;ウーム…これまたなんなんだろう…
さて。先日の大雪災害で、相当数の人たちが道路不通となり孤立しているこの事案。16日18:00頃赤坂で天ぷら会食をしていたと。16日18:00といえば、雪がやんで2日後のことですね。日曜日の夕方。さて、この会食の目的がなんだったのか。必要だったのか不必要だったのか、内容については今のところ分かりません。なもんで、「食ってる場合かよ?」という、いわゆるネットで叩かれている議論についてはここでは言いません。

では、災害出動の手順と、一般的な組織のあるべき論から私は考えてみます。
そもそも災害派遣の対応が遅い!という指摘について
まず雪が降ったのが14日(金)深夜。15日には関東山間部地域で記録的な積雪という状況になりました。この時点で、地方自治体関係者は、そもそも今起こりそうな事態に発展することが予測できていなかったのでは、と想定します。何故ならば、こんなドカ雪降ったこと無いわけで、作業見積もりも相当甘かったのでは?また、その地域の住民もやばい状況である認識がなかったのでは。
で、1日たっても事態が好転する気配がない。あれっ?もしかしたらこのままだとどうなるの…?と気付き、災害派遣の出動が判断されたと想定します。そもそも災害出動の起点となるのは地方自治体(市町村)の長。ここからアラームが知事に飛び、知事から自衛隊に対し災害派遣要請が出ます。つまり、災害対策の起点、アラームの発出元は地方自治体な訳です。当たり前ですね。だって、国が、完全に各地方の状況を詳細にモニタできるわけでは無いですから。だから、地元に密着した監督者が、状況を把握し、対処しきれないと思えば、上位にエスカレーションする。会社でもおんなじです。社長が全部をモニタ出来るわけがない。
なもんで、初動が遅れたという点については、完全に各自治体の長の状況掌握の遅さと、アラーム発出の遅れに問題があると考える。雪害が発生するという想定がなかったからでしょう。ここは、新たに防災マニュアルを作成する必要がある。以上、だと思う。
各地で雪害なのに総理が対策に参加してなくていいのか?
日本は総理大臣を長とした組織ですが、その下に各方面の大臣がおり、各分野での対策を考える分業制の組織が成立している。今回の事案において、できうる対策といえば、早期の除雪、孤立した人たちの救助、物資の輸送ということになるでしょう。では誰がこれを担当せざるを得ないか?消防、警察の次となれば、自衛隊が当たる他ないでしょう。何故ならば、その他の人は、言ってもただの2次災害にしかならないから。雪かきしに国民全員集まるか?いや、その前に辿りつけないっすよ。とすると、持てる全ての重機をかき集めて、除雪を行うしかない。とすると、防衛大臣と国土交通大臣が主導権をとって対策指揮をするところでしょうね。
さて。そうこうしている間に、日本という国を機能させるためには、災害だけではなく、ほかにやることはいっぱいあるわけですよ。政治、経済対策、研究開発、外交、その他諸々…その最も効果的なところにもっとも有効な人材を当てて分業するのが組織として重要だと考えます。ここでは、防衛大臣、国土交通大臣がしかるべき対策をとり、これ以上手が尽くせないと考えれば、他の事に注力すべきでしょう。少なくとも、災害対策のために、特に役に立たない総理大臣が、ウロウロされてても邪魔なだけ。デスマプロジェクトでよくありがちですが、やばくなってから、役にもたたない管理者を一杯かき集めてきて対策会議をやったりしますが、管理者なんて要らなくて、本当に欲しいのは手を動かす人なんですよね。レスキューであり、除雪作業者であり。この人達が満杯になってしまったら、もう手の尽くしようは無いのです。

だとすれば、対策に必要な人材、機材は出し尽くしたのだから、他の対策に移るのは、組織として分業がうまく機能していると言える。なもんで、必ずしも総理大臣が官邸にいる必要はないし、状況が掌握できていることが重要。赤坂で天ぷら食って会食ってのが、国家運営に必要な重要課題を解決する手段であったのならば、それは全く問題ないと言える。

いい例で、会社でもにたような事はある。例えば、プロジェクトが遅延しまくって、どうにもならないで担当がヒーヒー言ってるさなか、プロジェクトリーダーはお客さんと飲み屋で飲んでいる。そんな場合か?と。ですが、この飲み会での席で、プロジェクトの締め切り延長や、それに伴う開発費の交渉に絡むロビー活動が行われていたとしたら?その飲み会は、本当に無駄なことだといえますか???

というわけで、天ぷら会食がなんの目的で行われたのがわからないのに、赤坂で天ぷら食ってた事に噛み付いても、なんの意味も持たんのですよ。

それよりも、なぜ地方自治体の初動が遅れたのか?このような記録的な積雪に見舞われた場合の防災対策をどう構築するか?自衛隊などの装備は万全なのか?等、今後二度と今回のような事態を起こさないようにするためにはどうするか、を議論するほうが建設的だと思うんだよねぇ。

天ぷら食ってて、官邸にいなかったから対応が遅れたなんていうわけのわからん罵り合いに終始しないで頂きたい。今安倍さん引きずり下ろしても、また国政が迷走するだけだってのがわからんのかなぁ。某朝日といい、某民主といい、踊らされているネット民といい…議論レベルが低すぎる…こんな不毛な事に時間費やす位なら、前向きな議論しようよ。時間の無駄だよ。むしろ余計な議論のせいで、国の機能の停止を招くだけだから被災地域の人たちからすれば対策を遅らせるように動いているだけだよ…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード