金だけに囚われた仕事は、浅ましい…

2月 2, 2014

おいちゃんとこは、プログラムを作るモノづくりをしてるとです。そんな仕事柄なので、一応プログラミング好きな人が来ているはず、なんですよね。

で、現在の作業は、社内での設計や試験を終えて、お客先で試験をやってる段階。で、そこで結構つまらんバグがいっぱい出てるわけよ。で、そのバグをいれこむのに、お客さんから説明資料を作って提出しろ、と言われたのね。品質が悪いから。最もね。もううちの社内では製造工程を終えているわけで。製造工程終了後に出たバグは、基本は修正内容を吟味して、反映するかどうかをチェック&管理しておく必要がある。なので、普通説明資料とか作って管理するんだよね。なもんで、普通にやることを書類作成だけやって、って自社の人たちに依頼したんですわ。そしたらば…

すっげぇ噛み付かれた

契約にはそんな事をすることまで書いてないだ、対応する人がいないだ、やらなきゃいけないのか、だ…

おまえら、製品リリース後の品質管理、どうするつもりでいたの?

てかさ、うちらモノづくりをやってる会社って、製造責任ってのがあるわけよ。なもんで、納入後の問題について保証する必要がある。そうでなくても、自分らが作ったものにバグがあるって事自体で、ちゃんと仕事やってたのか、っていう非難になると思うの。
なもんで、おいちゃんならば、プライドをもって仕事するならば、バグは潰すし、責任をもって対応するのが筋だとおもうのね。にも関わらず、言い訳が

カネがない

の一点張りで、どうにかしてやらないで済ませられないか、の議論ばっかり。

そんなに責任取りたくないんなら、仕事なんて引き受けんなよ

はぁ…君らも若い頃はそんなこと言わなかったダローに。ちょっと偉くなって、金勘定するようになると、金だけで物事考えるようになるんだよねぇ…まず責任を果たすために、限られたリソースの中で、実現できる最善の手段はなにか、を考えるべきだとおもうんだけどねぇ。はぁ~、大人ってやだやだ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード