反日教育って、恐ろしいね…

1月 23, 2014

日本人小学生の放った言葉に中国人家族が絶句、「われわれの愛国教育は間違っていた!」―中国メディア

このエピソード…中国や、韓国で行われている反日教育での子供への刷り込みって、ここまでの効果を発揮するんですね。そりゃあ、子供の頃から刷り込まれた、意味もわからない敵意なんて、そう簡単に消えるわけは、ないよね…

だが、多分。忘れてはいけない過去がある。昔の第2次大戦以前の日本は、こういう教育が刷り込まれていたのだ、ということ。今でこそ恐ろしいことだ、といってはいるものの、我々も欧米に対して、徹底的な刷り込み教育をしていたわけで。だからこそ、敵性国であるアメリカやヨーロッパの国々に対して、むき出しの敵意を抱いていた訳で。
また、反日、だけではなく、中東やイスラム原理主義の国では、今なお強烈は反米教育が行われ、それが悲しいテロリズムにつながっている現実。つまり、一部の敵性国家に対する、強烈な国民に対する刷り込みって、世界で大きな悲劇を呼び続けているっていう現実。なぜ、今なおそれが継続されているのか。憎しみの感情って、平和に暮らしている我々には、想像もつかないほど根が深い感情なのかもしれないですね。

悲しい、不要ないがみ合いを後世にまで引き継ぐ愚行を人間がやめる日はいつになることやら…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード