年をとると、保守的になるんかねぇ。

12月 1, 2013

本記事は愚痴です。全て愚痴です。

最近、おいちゃんは新しい業務分野を広げていくミッションをこなす部署に移ったわけですが、最近になって人がいっぱい移ってきてさぁ。正直うざいんです。
うちの会社って、今までは、仕事を大漁に流してくれるお客さんがいて、このお客さんの仕事をこなしてればソコソコ食えてたんです。が、このお客さんが不況でね。一気に景気が冷え込んでしまったのですよ。なもんで、新しい事業分野を広げていくためには、いろいろとチャレンジャブルな事をしないといけないわけです。
が…この移ってきた人たちは、多分入社以来、ず~っとこのお客さんの仕事ばっかりやってた方々で、かつやってた仕事の技術分野もず~っとおんなじだった訳ですよ。でさぁ。言うことが…

「うちらはXXXはやった事あるけど、こういう分野はやった事ないので分からない」

うるせぇよ。今から出来ない言い訳してるんじゃねぇよ。大体、技術者が本来目指すべき頂は、誰も生み出したことがない新しい価値を、技術を持って創造することだと思っておる。なので、

やった事ないことをいちいち出来ない言い訳にしないで欲しい

やった事ないなら勉強しろや( ゚Д゚)ヴォケ!!。まぁ、経験ないお仕事に、年食ってから放り出されたから自信喪失してるってのもわかるけどさぁ

臆病すぎなんだよ!!

で、俺らはこう開発してきた。この開発手法しかしらない。なのでこの手法で新しい事業もやってくしか無い。それじゃ開発費が間に合わないから客から金もらえ。

お前は進化を忘れたゼニゲバか

ちゅうねん。設計開発の手法や技法なんて日進月歩なんだから、常に勉強し続けるしかないんだよ。客には客の事情があるんだから、それに対応するためには、対応できる手法を作り出すしか無いと思ってる。が、旧来の手法にこだわってて、かつ金が足らなきゃ搾り取ればっかり。

俺ならば、正直こんな柔軟性のない会社に仕事を依頼したくないし

つい先日はさー、金がきついからって、ああしましょう、こうしましょうって開発費確保の小細工を相談してたらさぁ。ぶち切れられました。ブチ切れた理由も、おいちゃんからするとなんでそんな理由でブチ切れんの?って内容。おいちゃんが開発費計算してその計算書をメールで送ったら

  • 他の案件も合わせて計算した計算書があるんだから、それをベースで計算してこい
  • メールで書いてることの意味がわからん

とかなんとか。注意したり、そうして欲しいと言われることはいいんですよ別に。今後そういうふうにしていこうってだけだからね。たださぁ。わざわざ電話してきて、電話口でふざけんなとか何とかブチ切れる程の内容ですかねぇ。挙句の果てには、おいちゃんがやってる仕事の分もやってやってんだからな、とか捨て台詞。

別に俺からお願いしますなんて言ってねーし

君が持ってる案件が赤字ばっかだから、他の案件もかき集めてお金をやりくりしたいから、自分でやるって宣言したんでしょ。それをどの面下げてやってやってるとか言ってるかねぇ…
今までお金も作業量も見えてる仕事しかやってなくて、先が見えない仕事になって自信がないからって、いちいちブチ切れられても困るんですけど。俺の中では、ブルブル震えてるチワワが、知らない人に一生懸命吠えてるようにしか見えないんですよ。自分よりも下の(と思ってる)人間には、権威振りかざして怒鳴り散らし、上の圧力にはヘコヘコしてる割には上の愚痴ばっかし。こーいう権威主義のくだらんプライドだけ高い人間って、オジサン嫌いなんっすよ。てか、誰でも若い頃は嫌いだっただろーが、年取るとこういう人間になっちまうのかねぇ…おいちゃんは、上の人ってのは、チームの人に安心感を与える役割を持っていると思う。それを、ため息着いて、愚痴言って、挙句の果てにブチ切れですか。こんな小物と仕事したくないなぁ…
大体、こんな人が新規市場の開拓なんて出来るんかねぇ…なんでこの部署来たんだろ。最適人員配置とはとても思えん…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード