ハイレゾオーディオにチャレンジ

11月 29, 2013

先日、ソニーのサウンドプラネタリウムに行ってきまして、ハイレゾサウンドを体験してまいりました。が…そこで体験した音が、ハイレゾサウンドなのでいい音だったのか、オーディオ機器が良かったからなのか、全く区別ができなかったので、自分ちの機材でやったらどうなんだろう、と思い試してみました。

うちの機材は

これらをHDMI接続しております。で、一応最大リニアPCM24bit 192kHzサンプリングでの出力が可能なはず。
で、まずは音源の入手から。おいちゃんは、オーディオの特性を確認しようと思ったら、まずはオーケストラを聴いてみることにしています。オケは、楽器が多彩で、周波数帯域が広いから。で、オケが綺麗に鳴らせる機材は、その他の楽曲にはまず対応可能。その他の楽曲向けでもオケは鳴らせるとは限らない。なもんで、オケで確認をしてみることにしているのです。
で、ハイレゾサウンドの入手には、e-onkyoを使用。ここで、192kHz、24bitサンプリングのベートーベン 交響曲第9番 合唱付きを選択。これを選択した理由

  • 量子化ビット、サンプリング周波数が最も大きいデータだった
  • おいちゃんは結構ベートーベン好き。感情が溢れてくるような楽曲が人間味があって素晴らしいと思う。他にチャイコフスキーとかも好きなんだけど、ハイレゾな音源がなかった…
  • 合唱も入っているということは、普通のオケにプラスして、さらに人間の声が入っているということですね。同じ条件だと、オペラとかもいいかもしれん

てなわけで、3000円支払って楽曲をダウンロード。で、ただこのままだと聞けなかった(DLNAでのストリーミングでは、192kHz、24bitサンプリングのWAVE再生はできないらしい)。で、Bru-rayディスクにWAVEをデータで焼きこんで再生してみたが…やっぱり再生不可能データです、と言われてダメ…( ̄へ ̄|||) ウーム

と、調べていたら、PS3では、DSDディスクってのが再生できるらしい。と、言うことで、早速DSDディスクを作ってみることにしますた。

まずはKORGのAudioGateというソフトウェアをダウンロード&インストール。先ほどのWAVEデータを、DSD 2.8MHzの形式でDSDに変換してDVD-Rに焼いてやります。個々の操作はAudioGateでボタン一発でやってくれますね。で、これをうちの再生環境で再生してみます。つまりはこんな感じ

  1. オリジナル音源 24bit 192kHzサンプリング
  2. DSDディスク 1bit 2.8MHzサンプリング
  3. PS3からHDMI出力 AVアンプに接続 24bit 178kHzサンプリング
  4. AVアンプでスピーカー出力 アナログ変換

という順序。都合3回サンプリングレートの変換が入ってるから、多分劣化しているはずなんだけど…それでも、CD再生よりも圧倒的に音がいい!聴いて分かるのが、弦楽器、管楽器の音のクリアさ。多分倍音成分だと思うんだが、CDの44.1kHzでは、高音の伸びがいまいち汚いんだけど、DSDディスク再生では綺麗に再生されてることがわかります。う~ん、すごいなぁ…

と、言うことで、オケを聴く時は、ハイレゾサウンドで聞くようにしてみようかなぁ…

posted in マイライフ, 音楽 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード