仕事がすごくやりづらい…

11月 20, 2013

今年のおいちゃんは、新たな仕事にチャレンジしております。新しい仕事を確保すべく、お客さんの出先に入り込んで、SE業務みたいなこともやってるとですよ。
で、ソフト開発の案件も運良く受注し、開発のメンバーとして、おいちゃんとは別に開発チームを作ることになりまして。
で、今まさに開発の真っ最中なわけですが~。つい先日事件が。
おいちゃんが、仕様を決めて、自社で作らせているのです。もともとこの組織構造をとったのは、仕様/開発ともおいちゃん管轄の案件だったので、おいちゃんの目の範囲内で一連の開発が出来るだろうという目算でした。ですが、誤算が発生。今うちの会社は絶賛不況中で、人員削減の煽りを受けた人たちがこっちの案件に流れて来たのですわ。で、このソフト開発案件が、新たに来た人たちの案件としてかっさらわれたのですよ。この新たに来た人たちというのが、Cの開発しか知らないおいちゃんよりも歳上な堅物技術者でサー

これが最大の誤算だった

別に手柄を持ってかれたとは思ってはいないんです。作業分担して、うまく回るんだったらそれに越したことはないんです。ただなぁ…この堅物技術者が難物でさぁ…

俺は最新設計技法や最近の言語知らないから

と、結構二次外注さんに開発丸投げ状態なんですよ。その割に、設計やチーム運営に余計なちょっかい出したり、やってくれるのかと思ったらそれは俺の仕事じゃないとか…どこまで責任持ってくれるのかようわからんのです。積極的にコミュニケーションとってチームをまとめるわけでも無く…┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
で、今までうちらが書いた仕様書を一切チェックしないでここまで来てて、ここ最近急に読み始めてる模様で。急に猛烈に質問がやってくるようになったんですよ。で、その質問回答にいろいろ答えるために資料を再チェックしていたら

は…このXXIF仕様書と、○○IF仕様書の記載だと、A機能が必要だな

と思い、A機能想定してる?と質問したら…

そんな機能は仕様書には無い。仕様追加だ!

と騒ぎ始め、ギャンギャンの言い合いですよ。や、仕様書にこういう記載がありますよ。この仕様書を実現するならば、A機能必要なのは必然ですよ。いーや、そうは読めない。てな感じで。

もしも俺が発注元だったら、XXIF仕様書と○○IF仕様書から、機能が導けない奴は技術力無いな、と判定するけどなぁ

もしくは読んでなかった事に今気づいて逆ギレしてんの?ってね。そもそも作業請負の話を契約締結時、設計用の入力要件ってのを明らかにするんだけど、この入力要件の変更、すなわち設計書の書き換えが発生すると仕様変更なんだけど

書き換えが発生してないんだから、仕様変更じゃないんだが

その仕様書読んでそうは思わない時点で、俺ならヤヴァイわ、と思っちゃうんだけどなぁ…そ~言うふうには思わないんだろうな…他人の心を慮るようなタイプの人間じゃないからなぁ…

しかもさぁ。仕様変更なら追加で金よこせ、って言ったとしてもさぁ。

その仕様書作ったの俺なんだから、俺が頂いてる作業用のお金からなんとかしてね、としか言われないんだよ

つまり、本来味方である自社内で喧嘩してるだけになるんだよねぇ…なんも生産性がないんだわ…という事情も知らないんだろうなぁ…
さらに客と調整ぐらいしろとギャーギャー言うんだが

じゃあお前やってみろや

て感じだわ。雇い主、作ったソフトがやりとりするお隣さんの装置を作ってる他社さん数社と調整して、まぁうまく行かんこともあるわねぇ。

その状況に、更に自社まで敵ですか

う~ん…自社が敵になる状況を想定していなかったわけですよ。その状況が決定的になってしまったのが…例の組織変更なんだよなぁ…は~…うちの会社って…表計算ソフト上で何人余るから、何人をどこそこへ、みたいなパズルでしか人のアサイン決めないからなぁ…は~…

もう全員敵だわ!!

これだから複数ステークホルダーの間に入って調整するようなSE業務って嫌いなんだよ…せめて自社が味方だったらなぁ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード