Nikon Df体験イベントに行ってきた。

11月 17, 2013

20131117_120756
11/16,17に、NikonDfの体験イベントが品川で開催されておりました。これに伴って、おいちゃんも早速行ってまいりました。品川のTKPガーデンシティ品川で、パーティ会場を借りきってイベントを行っておりました。行ってみたら、ドレスコードな皆さんがうじゃうじゃ。おじさん普段着で出かけたもので、ほんとにここでいいの?とおもいきや。。。中に紛れて、明らかに普段着なカメラ持ってる方々が。あ~、これがイベント参加者ね。と、言うことで早速行ってまいりました。

中は、ショーウィンドウ、商品説明ブース、モデル撮影ブース、ミニチュア撮影ブース、超望遠レンズ体験ブース、イベントブースと別れており、とりあえず、Dfを触ってみたかったので、モデル撮影ブースとミニチュア撮影に行って参りました。モデル撮影ブースは、まぁ混んでいること。おいちゃんが行った時点で20分待ち。やっぱり、モデルさんはみんな撮ってみたいのねぇ。

_DSC2573
さて、こちらが撮影してみた画像。JPEG撮って出し。58mm単焦点で、F1.8目一杯開いて撮ってみた原画です。うわぁ…綺麗だわ。もともとD4のセンサーをそのまま流用してるらしいので、まぁ綺麗さは折り紙つきだよねぇ。で、このカメラ、見た目はとっても古いタイプで、カメラ上面に露出補正、シャッター、露出モード、シャッター速度、ISOの各ダイヤルが着いており、これをくるくる回して撮影パラメータを決めてから撮影に入るんだよねぇ。とても昔ながらっぽい感じ。なもんで、古い人間のおいちゃんは、とぉっても懐かしい使い勝手。ただなぁ…高いんだよなぁこれ。28万円では、おいそれと手がでないっすよ…まぁ、D400をまだ辛抱強く待ちます。

それと合わせて、イベントブースでは、鉄道写真家の中井精也さんが講演をしておりました。鉄道写真家ということだったので、いわゆる撮り鉄っぽい方かと思ったのですが、スイスの鉄道がある風景とか、鉄道に載ってる乗客の方とか、いわゆる鉄道写真とは一線を画す画風で、お、こういう写真いいなあって思いましたよ。なんか江ノ電が走ってる町中とか撮ってみたいと思ってたんだけど、それに通じるような画風ですね。この中井さんが、「頭上の余白は敵だ!」と言われているのを聞いて、ふと、たわばさん?と思ってしまった(笑)ただ、中井さんいわく、その空白に情報が無く、間が抜けた感じになるので、風景などを埋めると、写真が引き締まると言っておりました。実際に作品を見ると、写真が引き締まるというか、被写体にクローズアップするような感じがあって、とてもよくなる。あのとさかさんとたわばさんの偏ったアドバイスの一つの謎が解けました。他にも謎な言葉はありますがそれはおいおい理解していこう。

何はともあれ、とても興味深いカメラでした。これからも、こういう個性があるカメラが出てきてくれると、嬉しいわー。各メーカーさんの今後に期待したいものですわ~。

posted in マイライフ, 写真 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード