日本の市場はやっぱりガラパゴス?

11月 14, 2013

スマフォが流行るまで、日本にはガラパゴス携帯と呼ばれる、今のスマフォの機能をほとんど搭載した携帯電話が市場を専有しておりましたね。
ですが、iPhone,Androidケータイが流行った後、一気に取って代わられてしまいましたね~~。

でも!

まだガラパゴスケータイのシェアは50%位あるらしいですね。また、分析によっていろいろ別れておりますが、日本で売れてるスマフォは、大体35%がiPhone,60%がAndroidだということ。iPhoneって、人気なんですねぇ。

だがしかし!!

世界では、iPhoneは10%程度で、Androidがスマフォの80%を占めているそうな。多分、日本人は裕福で、かつiPhoneのマスメディアへの露出が圧倒的に多いから、iPhoneを買うように動くんだろうなぁ。それにね、iPhone買ったら0円で、かつ2万円キャッシュバックなんてやってる国は日本以外無いらしい。iPhone買ったら2万円くれるんだぜ?(5だけど)。信じられないっすよ…

でさ~、最近聞こえ始めた事が、日本市場でのiPhoneの売れ方は、異常だということ。このままだと、スマフォ市場がAppleに席巻されてしまうのでは??そしてそのうち…iPhoneで満たされた日本市場だけが特殊で、世界のグローバルスタンダードから取り残される時代が、また来るんじゃないかなぁ…やっぱり日本って、四方を海に囲まれてる絶海の孤島(笑)だけあって、ガラパゴス化しやすいのかも…ね…

posted in Android, コンピュータ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード