飲み放題を抑止する法案が提出されるらしいよ

10月 22, 2013

超党派で構成されるアルコール問題議員連盟が、『アルコール健康障害対策基本法案』をまとめ、国会提出を目指すそうですわ。こちらの記事らしいですよ。

さて、おいちゃんはどう思うか。まぁ、おいちゃんはアルコールにそれほど恩恵を授かっている人間ではないので、特に問題ありません。なんていっても、タバコの疎外感に非常に違和感を感じていた今日この頃なのです。なぜならば。タバコの煙は健康被害がある、煙い、臭いと煙たがられ、今や社会の隅っこに追いやられておりますが、基本問題はそこまで。分煙するとかで基本同居が出来る上に、それ以上の迷惑はかからないのですよ。要は、吸ってる人間及びその周囲に健康被害がありこそしますが、それ以上の大きな被害は少ないのですよ。火の不始末っていうリスクは、まああるが…

で、アルコールです。確かに酒は百薬の長、ストレス解消にもなりますが…

  • 健康被害。飲み過ぎたら、動脈硬化や肝硬変など、タバコの比では無いのではなくて?
  • 酔っぱらいが起こす暴力沙汰や治安の悪化など
  • 飲酒運転による事故など。麻薬やって無差別殺戮するのと変わんないぜ?
  • 依存症。タバコよりももっと辛いのではなくて?なおかつ依存症の連中は、上記の行為を併発して引き起こす
  • ゲロ吐いて付近を汚染するし。金曜日の飲み屋街の臭い臭いたるや、耐え切れないです

と、

正直タバコ吸うヤツよりも害悪甚だしい。

健康被害などよりも、特に周りに対する迷惑さ度合いが洒落にならんと思う。金曜日の夜の電車たるや…もううざくて耐えられんですよまじで。

と、いうことなのですが…単純に規制しまくっていいものなのか?まずはタバコで規制に成功しました。さぁ、次は酒だ!その次は何だ??と、どんどん規制によって色んな物が締め付けられていくと思うのですよ…今やタバコを吸う人は成人の30%程度と少数派になってきましたから、抑圧されて結構結構と行ってた方も多かったと思いますが、酒に手を付けられたら、どうなるのでしょうね?つまりさ、一度そういうことへの禁止が成功してしまうと、雪崩的に色んな物が禁止されていくことになるんじゃないの?例えばギャンブルとかさ、自動車とかさ、嗜好品の類一般が全て。で、規制社会になってしまうと思うとです。とても良くない傾向が始まりつつあると思うんだよねぇ…規制ではなく、嗜好品をやる人とやらない人が共存できるルールを如何に定めるかが重要だと思うのです。

タバコ規制で踊らされ、前例を作ってしまった以上この流れは止められないかもしれない…さて、その時民衆はどうするんでしょうねぇ…わらしはタバコの規制もお酒の規制も反対でございます。分煙、分酒のルール付けをきちんとすべきなんじゃ~ないですかねぇ?でないと、禁酒令発行なんて言うことも起きかねないですジョ…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード