日本も意外と、温暖化に貢献しちゃってるのかもしれません…

9月 22, 2013

なんと、世界中で生産される食料の約3分の1が廃棄され大量の温室効果ガス排出につながっていることが判明だそうで、年間33億トンが無意味に廃棄された食料で発生しているらしい。また、この食料廃棄が最も多いのは、日本・中国・韓国の3つで形成されるIndustrialized Asia地域なんだって…

常日頃思ってたわけですよ。賞味期限が切れたからって捨てられる食料って、どうなるんだろうなぁと。多分燃やすとかで、結局どこにも還元されてないんじゃないかな-ってね。それでいいんだろうか…もっと意味あるリサイクルをすべきなんじゃないかなぁ…
例えば堆肥とかにして地球に還元するとか、ジュース等に変えるとか。

でもなぁ。潔癖症な日本人のこと。そーいう食材を使用してたとかバレると、また炎上するんだろうなぁ…こういう現実をもっと大々的に報道して、無駄に浪費する食料をどうするべきか考えないといけないと思うのです。

この廃棄される食料が、アフリカとかの飢餓地域に供給されたら、もっと飢餓地域の栄養事情も変わるんじゃないかなぁと思うんだが…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード