体罰禁止っつっても、これはやりすぎなんじゃないの?

8月 2, 2013

他の児童をナイフで脅した小6の頭を叩いた校長、懲戒処分で退職に
えー…ここでもコメント上がってますが…ナイフで脅す子供って…これってば立派な犯罪ですぜ?適切な指導をした正しき先生が懲戒免職なんてひどすぎると思います。じゃあ、脅したガキは?どうなるの?絶対変なこと学習すると思う。大人は自分たちに手をだせないんだ。こりゃいいぞ!と。
刃物の話 警視庁
脅迫罪 Wikipedia金品を奪っていた場合、恐喝・強盗罪になるらしい

これを取締り、指導するための適切な行動すらも認められないとすれば…どうすればよかったんでしょうか…ねぇ。

そこで、私は提案をしてみたい。

大人と同様の仕組みを、学校にも導入してはどうか?

つまり、コドモ警察、コドモ検察、コドモ裁判、コドモ刑務所です。このために本職弁護士とかを顧問として呼んで、子供による子供のための罪を裁く仕組みを構築するっての。
まず悪事を働いたガキは、各学校で引き取れる範囲の『犯罪』であれば、その子の身柄を拘束し、コドモ警察に引き渡します。警察/検察は事実確認を行い、裁判の必要ありと認めた場合、訴状を提出します。裁判官、陪審員も当然子供の中から選出し、実際に弁護士と検察官つけて裁判やらせんの。で、最終的に刑を決定し、実際、即施行となったら、実際に刑務所に入ってもらうというシステム。

例えば、件の脅迫罪の場合ですと、大人でしたら2年の懲役又は30万円の罰金。子供レベルだったらばー。
1年間学校の授業を受けること以外は懲罰房に拘束、またはん万円相当分の小遣い没収。
しかも~、内申書に『前科』が記録されて、一生ついてまわる

という、大人の世界の疑似体験システムはいかがでしょうか。いっその事、その学校の法律とか刑罰も、子供に決めさせればいいんじゃない?怖いゼェ~。子供って、絶対大人よりも残酷ですから。こんな罪に、こんな重刑課せられるの?ぐらいのひどいことが起きるかも。でも児童/生徒の自主性に任せてるから、文句は言えないというような事は如何でしょうか。

大人の法律では、児童保護法によって保護される矛盾があるのであれば、児童/生徒の自治に任せるしかないんじゃーないの?いいじゃんそれで。子供の頃から罪を犯すってことがどれほど禍根を残すかってことを身を持って体験させ、社会を疑似体験する場を提供するってのも学校の勤めだと思うんです。

女の子いじめたら死刑って法律もできたりしてな

ほんとに死刑執行しかねん。今のガキども。怖い怖い~

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード