SC-88を復活!

1月 28, 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERA超久しぶりに、往年のMIDI音源、SC-88を押し入れから引きずり出してきてUSB-MIDIインタフェースと接続して鳴らせてみました。

いや~、相変わらず音いいなぁ♪

今更MIDIなんてなんで?と思われるかもしれませんが…なんでだろう。きっかけは…MIDIのファイルがあることを思い出して再生させてみたら、

WindowsのMIDI音源はあまりにもひどい!

んで、USB-MIDIインタフェースが意外に安いということを聞きつけて、せっかくだから押し入れで眠ってるMIDI音源で録音して、デジタル音源化しておこう、ということだったような…
でも、改めてMIDIって探してみたら、今や厳しくなってるのねー…著作権絡みで、コピー音楽の打ち込みMIDIデータはもはや壊滅的状態。まぁ、せいぜい手持ちデータで録音しておきたい奴だけとっとこう、って感じね。
ああ、DTMとして一斉を風靡したMIDIも、パーソナルな範囲ではもう壊滅か…音源活かすところももうないなぁ…うちにあるSC-88君もかなり貴重な生き残り音源だと思うので、大事に確保しておかねば…。MIDIファイルをデジタル化したら、また厳重に保管しておこうかな…

posted in クライアントPC, コンピュータ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

2 Comments to "SC-88を復活!"

  1. kuruma wrote:

    なんと、さすがいいブツもっていますねw
    私は音源装置って買わずじまいなのですが、最近ハードオフにSC-88がゴロゴロしていて、ちょっと欲しいかも…と思ってしまいます。いやでもモノは減らしたいのでガマン、ガマン。

    私はDTM挫折組なのですが、今でも初音ミクとか流行っていてそれなりにMIDIって使われている気がしますがどうなんでしょう。先日、ローランドのえらいひとが「MIDI(というデファクトスタンダード)を普及させた」と表彰されてましたね。
    詳しくないですけど、今はハード音源じゃなくて、高性能PCとソフト音源を買うのが主流なのかもしれませんね。ある意味「標準」なだけに、SC-88エミュレータとかがありそうな気がします。

  2. maruo wrote:

    今はDTMではなく、DAWらしいですね。ソフトウェア音源ベースでデータ打ち込み&レコーディングみたいですねぇ。ハード音源の時代は過ぎ去ったのでしょうねぇ。レコーディングは確かにやりづらいですしねー。
    まぁ、わたしゃクリエイティブな才能無いので、そーいうソフトまでは購入は無いかな…VOCALOIDも興味一時期あったけど、使いドコロがない…

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード