コズミックフロント~発見!驚異の大宇宙~「モンスターテクノロジーを支配せよ」

1月 24, 2013

先日やっていたこの番組。大変興味深く見させて頂きました。
この回は、当時はほぼ無理と言われていた有人月宇宙探査ミッション アポロ計画についてでした。よく考えると、アポロ計画ってスゴイよね。

  • 別の星まで人間を連れて行った宇宙ミッションって他に無い
  • 当時打ち上げに使用したサターンVロケット。宇宙史上最大最強で、これを超える打ち上げ能力を持つロケット無いんだよね
  • ロケットの誘導制御に使用したコンピュータなんて、今で言ったら初代ファミコン程度の能力のコンピュータを使用してたんだし

よくよく考えると、ホントによく月まで行けたな、と感心するぐらいの成果ですよね。このアポロ計画、延30万人が関わったそうで。でもこの計画、例のケネディの演説で、ゼロから9年で月まで行くミッションを成功させたわけで、ま~驚異的な成功を納めた巨大プロジェクトでしょうね。

でも、こんな巨大プロジェクト、普通はうまくいく筈もなく、アポロもご多分に漏れず、最初はグダグダだったらしいですね。管制、誘導、ロケットの各部門はバラバラで横連携が全くなく、各装置開発も遅れに遅れまくって、60年代に月に行くのはほぼ不可能と言われていたらしい。これをあるリーダーがプロジェクトの大改革をして成功に導いたと。
まずバラバラな各部門の連携を緊密にすべく、

  • リーダー直轄の管理チームを各部門に配置し、全ての情報がリーダーに集まり、即時伝達できる体制を築いた
  • 各部門間のホットラインを敷設し、即時連絡が取れる環境を整えた

というコミュニケーション改善策を取ったんですって。これで、情報共有を密にし、問題解決方法を共有できるようにした、とのこと。当時の最先端技術を集めたプロジェクトでも、成功の鍵は

組織間のコミュニケーション

やっぱり人なんですね…風通しが良い組織風土、そして組織一丸となるべく目標を共有する、ってのが全ての鍵だそうですわ。

やっぱ、縦割りじゃだめなんだよ。そりゃーうまくいくわけ無いわな。

今のおいちゃん処の仕事

高々300人。1000分の1の規模ですら、縦割りに組織を切りすぎてるせいで、風通しは悪い。

  • 俺は悪くない
  • 私の責任の範囲は○○ですから

なんてやってるようじゃね…ああ…このビデオ見せてやりたいわ。うちの雇い主共に…情報共有するのもそうですが、その集まってきた情報をさばくリーダーの力量ってのも重要なんだよね。へっぽこばっかりだからなぁ・・・ああ、ヤダヤダ…

posted in マイライフ, マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード