多分glibcのアップデートで大幅変更が…

10月 24, 2012

つい先日、GentooのStableツリーで、カーネルやら、glibcやらのビッグタイトルのアップデートがあったのです。で、そのglibcのアップデートが原因だと思われるのですが…

ntpqが動かなくなった

のです。ntpq -pと打ったら

ntpq: write to localhost failed: Operation not permitted

ちゅうメッセージ出して…いろいろオプション調べて、ntpq -4 -p(IPv4指定)を追加すると動くってことが分かりました。どぉ~も、ローカルループバックデバイスへのアクセスのデフォルトが、IPv4からIPv6に変わったらしいのです。おいちゃん、iptablesでIPv6パケットを停めてたので、それでエラーが出ていた臭い。

ip6tablesを使用してloデバイスからのアクセスを許可してあげたら上記メッセージは出なくなりました。
で、その後、Davicalもアクセスできなくなってることに気がついたとです…よくよく調べてみたら、PHPとPostgresqlの通信をするところでループバック通信をしているようで、IPv6のループバックからのアクセスが許可されていない、と怒られまして…うーん。どうもあちこちに弊害が出そうな悪寒…

てか、そういう大幅変更あったら、アナウンスしてくれよぅ~

かなり四苦八苦しました…Gentooユーザな皆さん、気をつけて…

posted in Gentoo Linux, コンピュータ, マイサーバー by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード