未来解禁

9月 9, 2012

注文していたHUDユニットが届いたので、取り付け実施。カーショップさんでやっていただいたとです。そんなわけで、私の視点からのビューはどんなかんじかというと、こんな感じ。ZH99CSだと、交差点での曲がり角案内を、クルーズスカウターユニットのカメラ視点に重ねて表示してくれるのですが、常にクルーズスカウターモードになっている、って感じですね。これはなかなかおもしろい…。ナビの画面って、だいたいセンターコンソール上にあるので、案内中とかチラチラそっちを見ることもあったのですが、ほとんど視線は前で事足ります。ナビ画面の参照が確実に減りますね。また、ナビ画面側をAV表示モードに変えておいても、こちらはナビ画面が専用で見えるので、その点は大助かりです。助手席にDVDでも見させておいて、こちらは運転に集中とか出来ますね~。すごく先進的なコックピットになったって感じがいたしますでしょ?
しかし、難点も幾つかはあるっす。このHUD、視線の上半分の景色と重なってるので、ナビに頼った運転中はいいのですが、ランドマークが全く頭に入ってこないとです。例えば、信号機に示してある交差点名とか、道路案内板とか。なもんで、通った道を覚えておくって事がとても難しい…あと、目の前にあるコンバイナーが、なんとなくせまっくるしく感じる~。また、HUDの画像が見える範囲は非常に狭いので、結構頭の位置が固定化されます。自由度が結構狭いもんで、肩がこってくるってのはあるかなぁ…
まだ出たてほやほやの技術なので、今後どう改善されていくのか、発展はあるのかと面白い技術ではありますが、

いかにも飛行機のコックピットっぽい

のは、非常にかっこよくて◎♪

posted in クルマ, マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード