流行の話題からセキュリティを考えてみる

3月 30, 2006

最近話題のWinny流出騒ぎ。とどまる所を知りませんね。特に最近話題が重要化してきている事請け合い。
つい先日は護衛艦の最重要機密データが流出するわ、住基ネットデータも流出するわ。もうとどまる所を知りません。これだけ話題になっているにも関わらず、この体たらく

あほかと。馬鹿かと

思う訳ですよ。国会でも重要問題として取り上げられ、相当な話題になっているにもかかわらず、「自分の所は(Winny動かしても)大丈夫だろう」と考える浅はかさ。まず、危険性を認識している人は、リスクを考慮して行動しているでしょうね。別PCにするとか、Winnyやらないとか。
ちなみにおいちゃんはファイル共有はやらない派。WinMX、Winny等流行っても、一瞬(1月ぐらい?)手を出して、馬鹿馬鹿しいから辞めてしまった派。
さて、インターネットは特に制限を設けない自由なネットワークとして米国防総省のローカルネットとして生を受けた訳ですが、インターネットの存在が一般化するまでの期間(1995年位まで?)は何とも平和なもんだった訳ですよ。参加者は所属と名前を明らかにし、お互いの信頼関係で成り立った互助会みたいなネットワークでした。それが今や、隣の家すら信用できない無秩序で危険なネットワークとなってしまいました。これすなわち

不特定多数の人間を無秩序に放って置いたら、何をするかわからない

性悪説を図らずも証明してしまったと言えないでしょうか。小さなコミュニティであれば、向こう三軒両隣。口うるさいおじちゃんが、悪さするとうるさく叱ってくれたり、ご近所さんみんなで面倒見合ったりして秩序が保たれていたのだが、一気に人口爆発して、面倒見切れなくなり、口うるさい説教も行き届かなくなって、今のこの状況。やりたい放題やりまくり、ウィルス、犯罪、情報漏洩ととどまる所を知りません…
ここでちょっと考えて見ましょう。
コミュニティが巨大になり、統制が取れなくなってきて、どうしようもなくなって来たとき。先人達は何を作ったか

司法、行政、立法

という3権分立を確立し、社会というコミュニティを形成しました。つまり

悪いことをすると罰せられる

管理社会。そうしないと統制が取れなくなってしまうことを何度も経験しています。国、乗り物、家族や友達なんてコミュニティですらそうですよね。そして、

どういうように自分は振舞えばよいか啓蒙活動をする

要は教育ですな。学校だとか、塾だとか。その結果確立したのは

健全な人間であるという資格を得た人間だけが自由を享受できる

つまり資格制度。子供には自由が無く、正当な教育が済んだ

大人

にのみ自由が与えられる。運転免許を持つ人間だけが車に乗ることが出来る。etcetcetc……
これを考えていくと、そのうち行き着くインターネット世界は
①インターネットにおける司法(裁判所)行政(政府)立法(国会)が出来る
②道路交通法ならぬインターネットアクセス法が出来る
③インターネット社会で自由に行動できる権利を有する資格を得るためのインターネット学校が出来る
④インターネット学校を卒業し、インターネットアクセス免許を持たない人間はインターネットにアクセスできない
⑤インターネットアクセス法違反、もしくは無免許アクセスが発覚した場合は罰金、免停、免取などの厳しい処分がある。
⑥下手するとインターネット裁判所に送られ、インターネット鑑別所に収監される
つまりは車とおんなじような扱いになるんじゃねぇかと思ってるデスよ。

そんなものはインターネットの理念に反する!

と言われる方も居そうですが、車だって最初はそうだった筈。でも今や無免許運転は罪ですし、酒飲んで車で人殺せば懲役25年食らったりします。
結局無秩序な人間に秩序を与えるための必要悪が必要なのではないかと…
するってーとね。こーいう教え方をするんじゃないかと思うのデスよ。

だろうアクセスではなく、かもしれないアクセスをしよう!

ウィルスに感染しないだろう、フィッシングに引っかからないだろう、ではなく、クラックされるかもしれない、情報漏洩するかもしれない、みたいな。
さらに車検ならぬパソ検みたいなのが出来て、1年に一度、各都道府県のパソコン局にもっていって、正常稼動チェックに通らないとネットにつなげてはいけない、とかなったりして…
さらに変なソフトとかインストールしてると「違法改造」とか言われて、パソ検に通らなくなる、とか…
で、パソコンもメーカー純正ならばよいけど、自作互換機みたいな奴はパソ検証を取るためにパソコン局に行って認定を取らないといけない、とか…
ぐえぇぇ…もしそんな時代が到来したら…

「昔はパソコンを自分でこさえて、自由にネットアクセスできたもんだ。あの頃が懐かしい…」

なんて、昔のイギリスとか、複葉機飛ばしてた時代とかを懐かしむような発言するときがくるのかなぁ…あーやだやだ。
さらにさらに、ソフトウェア技術者であるうちらも、設計基準が車並みに厳しくなって、なかなか認定通らなくって、大手重工クラスみたいな大企業じゃないとソフト作れないような時代が来たりして…そしたらうちら失業だな…

こっ…怖!!!

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード