魂を震わせる悩み

2月 12, 2006

いまおいちゃんは悩んでいます。
いかにするべきか…
heartbeatを用いたフェイルオーバークラスタを構築しようと考えております。おるんですけどね…

どーいう構成にするべきか

という事です…今悩んでいる方法はいくつかありまして、ね…
その1:DRBDを用いたサービス提供のバックアップ
apache,mysql,cyrus,amavis等をバックアップするためのクラスタサーバ
その2:内部向けバックアップサーバ
sambaとかの共有物、DNSなどのインターネットアクセスに必須なサービスをバックアップするだけのサーバ
とあるわけですが…メリット・デメリットがあるのですよ。これがぁ…
その1で該当するバックアップサーバだと、効果が非常に大きい訳です。サーバの役割をほぼ肩代わりさせられる。サーバメンテナンスのときに有利
但し、ここでクラサバを肩代わりさせるためには、データベースをコピーしてやる必要がある…これを用いるのには、DRBDと言うツールを用いるのですがぁ、DRBDはネットワークを用いてリモートバックアップをかける必要があるわけです…
これが、たかが玄箱ごときで対応可能なのか??う~ん…
この休みでやってみようと考えたのですが、非常に難しい…ちょっと頭を冷やしてシステム構成を検討したいと考えている今日この頃です…んあー、むづかしいなぁ…ほんとは一日ぐらい真剣に考えたいんですが…仕事も忙しいしなぁ…

posted in Gentoo Linux, コンピュータ, マイサーバー by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード