F550EXRの実力を見てみよう

9月 5, 2011

さて、今日は撮り比べてみました。さて、D300をリファレンスにして、F550EXRのRAWとJPEGの画像です。
ちなみに、なるべく条件を近づけるべく、D300は、18-200 VRⅡの高倍率レンズで、F550側の画像は、D300の解像度に同じように縮小しての比較です。現像は、SILKYPIX Pro 5を、同一パラメータで現像してみてます。さて。

D300リファレンス画像
まずはD300の画像

F550EXRのJPEG

 

 

 

 

そして、撮って出しのF550EXRのJPEG画像

F550EXRのRAW→JPEG

 

 

 

 

 

SILKYPIXで現像したF550EXRのRAW画像です。

 

 

 

 

 

D300の画像は、やっぱりさすがですね。レンズが高倍率レンズなので、解像感はそこまで高くはないのですが、それでも1600万画素のコンデジを大きく引き離してる感はある。松の木のクローズアップとか、木肌を見ると一目瞭然、かなー。まぁ、それなりに高いカメラなわけで、簡単に勝たれちゃうとこまるんだけどね。
ただ、カメラ側のJPEG処理も、それなりにクオリティあるのかな。ただ、かなり輪郭を強調してる感はありますかね。RAW現像をしてみると、少々解像感は落ちるけど、やっぱり趣が出るなぁ。色空間もAdobeRGBにわざと拡張してるしね。出かけた先で、思わず出会った綺麗な景色とかをパチリと撮るぐらいには、十分てところ~かなぁ。なんだか複雑な気分なところはあるけど、コンデジのあの値段を考えたら、十分なパフォーマンスかな。

ただ、一眼と撮り比べて思ったことは、コンデジは手軽、デジイチは絵作りと写真を撮るという行為に浸る、って差かな。これは埋められないね。マジで。

そう考えたら、中途半端なコンパクト一眼て、別にイラン気がするのは俺だけ?

一眼の魅力、それはあの絵作りのしやすさと、カメラとしての完成度(操作性やホールディングなど)、そしてファインダーを覗いたときにその空間に引きずり込まれるもろもろの使い勝手の良さも含まれてるね。多分、コンパクト一眼にそこまで求めるのは酷。
そうかと言って、写りが究極に綺麗なカメラを求めると、大きくなるか、使い勝手がいまいち。ならば別にいいじゃないか。どっちか取りで。もちはもち屋だよね、という気がした今日でした。そういう意味で、方向性さえ合っていれば、結構使えると思いますよ。F550。

posted in マイライフ, 写真 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード