太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

8月 23, 2011

竹野内豊主演、サイパンであった実話ですね。やはりこの時期、終戦の8月にはぴったりの内容ではないでしょうか。

この竹野内演じる大場大尉のゲリラ戦の巧みさ、そして民間人を匿いつつ最後まで抵抗を続けたという所が、自分と照らし合わせても、相当なプレッシャーだったんだろうなぁと感情移入しちゃうところですね…
最後まで帝国軍人としての意地を守り、「命令が下るのであれば投降する」という所も、一本気なサムライ魂を感じさせるところですね。

第2次大戦を振り返る意味で、見てみていただきたいですね♪

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード