出張でした…

2月 7, 2006

本日は出張で中部地方の方に行って参りました。最近は新幹線もあるおかげで、中部地方ごときなら日帰り出張できるので便利ですね♪
さて、本日は、今プロジェクトで使用しようとしている機材の製造元に出向き、機材の説明をいろいろと聞いてまいりました。おいちゃんところのチームが機材の情報読み出しなんかのルートを作ろうとしているので、ついていったわけですね。
さて、本日のメンバーは、プロジェクトを受注した世間的にも有名な某メーカのSEさん、作業を請け負って実際に製造している関連会社さん(これがおいちゃんの雇い主)に派遣されている方、そしておいちゃん。
さて、このメンバー構成で、欠けている人がいるのでス。それは、

実際に製造している関連会社の責任者さん

そらーそうでしょう。受注元と製造元が一番えらいわけで、こー言うところに話を聞きに行くときはそー言う人が行くのが当然。にもかかわらず、関連会社の責任者さんはやってこず、派遣さんと、作業を下請けしている俺だぜ?
ちなみに~ですが。
派遣と言うのは、元々の所属は別の会社ですが、派遣先の指揮命令系統の傘下に入って動くため、体外的には派遣先の社員と同等の権力を有します。もちろん内部では違うけどね。対して請負は、所属元の建前を持っているため、雇い主とはお客さんの関係にあります。つまりビジネスパートナー。つまりは決定権はお客にあるので、おいちゃんの立場はこの派遣さんより

建前上は

下なのです。だけーども~、今日の打ち合わせ。そのメーカーさんは、営業さん・SEさんを中心に両翼に技術さんを従える陣容。
対してうちら。左にSE、右に派遣さん、

中心に俺

あれ?…まー行った面子からすると、俺が一番年上で、尚且つ態度でかくて偉そうにしてるから真ん中っぽいのかも知れんけどさぁ。

いいのか?それで??

なにせそーいう打ち合わせの場は、建前とか筋というのが重要な場所なわけで、おいちゃんは議題の中心にいるわけでもないのに、真ん中で黙ってうなづいている…

これでは、一応ついてきた偉い奴が、話も分からずうなづいているだけ、って構図にみえちゃうぢゃないか

実質的にはおいちゃんが仕切り屋っぽいかもしれんけど、こーいう公式の場所にも持ち出されると、なんかまずい気がするんだけどなぁ…ただ、そー言う立場で仕事をしていると、責任ある立場で仕事をする、ってことも、実はないんだろうなぁ…おいちゃんもビジネススタイルを見直す時期に来ているのかもしれない…

態度だけはプロジェクト内でも何故か雇い主様よりもえらそうなんだけどね(爆)

体裁上もそういうポジションに着かないと、結局何もできないんだよねぇ…限界を感じている今日この頃…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード