ブルーインパルス-大空を駆けるサムライたち-その2

7月 29, 2011

読み終わりました~。なんていいますかね、ブルーインパルスの黒歴史を紐解くというか、どちらかというとタブーを積極的に語る、とても興味深い内容でした。
T-2ブルーって、たしかに任期が長くって、パイロットの方々も結構名前覚えてたりしたんだよね。源田実氏とブルー、原爆とブルー、浜松、金華山沖での2度の事故、今まで語られてこなかった当事者たちの声…私も情報をいろいろ集めたのですが、ここまでの情報はなかったですよね。いろいろ思い出しちゃった。
浜松での墜落事故、あのときのショックは、今でも色濃く私の中に残ってますよね…
そして浜松に赴任され、浜松で行われた写真展にゲストで招かれていた横地三佐との会話。あれ、確か高校3年生の、11月末だったかなぁ。

「早く乗りたいんですけど、まだ乗ってないんですヨゥボク」

っていう子どもっぽいセリフが、印象的だったなぁ…。その次の年の浜松航空ショーで、T-4のソロをたしかやられていたはず。そして、さらに次の年、まさかT-4初の墜落事故で、その名前を見るとは…しかも同じ年にT-2ブルーの墜落事故…編隊長の名前を聞いて凍りついた覚えが…T-2ブルーの古のメンバーが…次々と…って。

でも、も一つ思い出した事も。T-2ブルー、ラストメンバーだった2番機パイロット、西村亨氏。高校生の時の浜松航空ショーで、オジサンの目の前で警備やられてたんですよねぇ。で、い~っぱい話したなぁ。

「あいつらスゲェよ。あんな早い空中集合なんて、普通やらないんだぜ。それをビタッって決めるんだよなぁ」

って言ってたその人が、まさかブルーになってるとは、これまた思わんかったなぁ。そんなこんなで、T-2ブルーは思い出深いんですよ。ひさーびさに、夜更かしして読んじゃった。T-2ブルー時代をよく知っているコアなファンの方は、一読の価値アリ!ですね。

posted in マイライフ, 軍事系, 飛行機 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード