福島第一原発の謎

5月 20, 2011

メルトダウンが確定した臭い福島第一原発1号炉。2号炉3号炉もダメっぽいって話でしたよね。思い返せば2ヶ月前。メルトダウンは最悪の事態として、避けねばならぬ事象だったはず。なぜメルトダウンがまずいのか?

それは、燃料棒が溶けて、格納容器の下にたまることで、再臨界状態(純度が高いウランはある程度固まると、勝手に核反応を開始する)となり、暴走状態(最悪事態としては核爆発)に至る可能性があったからですな。で、一応核爆発は起きなかった臭い。でも、格納容器の底のほうにしか水はなく、どうも漏れてるくさいと。さらに原子炉建屋の底に水がたまってるんだろうけど~って話。

溶けたウランはどこへ行った??

地下?それとも、まさか…?海…?猛烈に謎なんですが、何が起きてるの?第一、なんでこんなに淡々としてるの?放射性物質むき出しの状態だったりするのかしら?う~ん、まだ何かを隠してる気がするのですが…

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード