宇宙戦争

12月 25, 2005

トムクルーズ主演のこの映画。先に言ってしまおう。

そんなオチかい!!

H.G.ウェルズ原作の宇宙戦争の映画化。原作自体はめちゃめちゃ古いから、まー今の話からしたら背景設定が荒っぽいのかもしれんのですがね。
差しさわりのないところまであらすじを言ってみると、しがない作業員レイ(トムクルーズ)に、妻(元、かなぁ?)が子供を預けにきたところから話はスタート。成長した子供は、言う事も聞かず、勝手に家を飛び出していくような有様。そんなさなか、世界各地で地震、磁気嵐のオンパレードという異常気象まっさかり。レイが住む町にもその異常気象が発生。電子機器がすべて逝かれてしまうという事態に。異常を感じたレイは、街に出て、情報収集してみると、地下から飛び出てきた怪しげなマシーン(3本足なのでトライポッドと呼ばれていたなぁ)が、ばったばったと街、人間を破壊し始めた!!!命からがら家に逃げ帰り、子供たちを連れ、母親の元へと向かうレイだが、アメリカはトライポッドの攻撃により壊滅、街はパニックに。果たしてレイと子供たちの運命は??
というところですが、最後の最後まで、絶望的な状況で、結局地球はどうなるの?と思わせておいて、最後の最後に

ちゃんちゃん♪

て感じ。いかりや長介なら

だめだこりゃ

で終わってしまった感がある。うぅぅぅん。最後の最後まで絶望感いっぱいだったので、あの終わり方にはなんとも納得がいかないですなぁ。4/5までは出来がよかったので、残念なことしきりです。ふう…

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード