メリークリスマス!

12月 24, 2005

今年もついにクリスマスですなぁ。や、べつにだからといって何かあるわけではないです。すでに自分にメリークリスマスしてしまいましたし。
で、毎年毎年行われているNORADによるサンタクロース追跡プロジェクト。今年で50周年なんだそうですわ。その活動はマスコミにも知られるところとなりまして、ニュースでも報道されておりましたね。おいちゃんが最初に知ったのは、う~ん、かれこれ10年くらい前になりますかねぇ?大学院時代に、学校のインターネット環境からNORADにアクセスして見てみたものですわ。今年も多分見物させていただくことと思います。
さて、サンタクロースといえば、「サンタは実在するのか?」「サンタ巡回問題」等の議論を巻き起こしております。ま、仮にサンタクロースが居たとして、われわれがサンタクロースの存在に気がつくことはないでしょう。何故ならば…NORADの追跡を見ていればわかりますが、サンタクロースが西から東に移動する速度はマッハ1。秒速300メートル以上。さらに、北極から南極までをすべてカバーする訳ですから地球の円周の半分を考えて20000キロメートル。計算してみると1秒間に3824平方キロメートルをカバーする行動範囲。さらに計算すると、1秒間に38万ヘクタールという途方もない土地に散在する子供たちにプレゼントを配り歩くという恐ろしい仕事をやってのける訳です。仮に律儀に煙突から入り、子供にプレゼントを置き、また煙突から出て行ったとして…何が起きるか?

サンタが通った後には草木一本残らない(爆)

だって考えてみましょう。物理的に、地球の円周に沿って普通にマッハ1出すだけで衝撃波(ソニックブーム)が発生します。さらに、北極から南極までをくまなくカバーするためには、それ以上の動きで北極から南極までを移動する必要がある訳です。かりにサンタのそりの幅を1メートルと仮定すると

秒速600万キロメートル!で移動しないと38万ヘクタールをくまなくカバーできない…

アインシュタイン先生、あなたは間違っています。サンタクロースは光の速度を超えました。もしサンタクロースを見ることができた運のよい人はこんな光景を見ることでしょう。
夜空に、激しく白色光を発する物体が見えたかと思った瞬間すごい勢いで吹っ飛ばされたはずです。光の速度を超えた衝撃波で発生する光、大気の摩擦でさらに白く輝き、なおかつ恐ろしい衝撃波で付近をすべて破壊しつくすサンタ…

なんか怖いわ!

やはり松任谷由美大先生は偉大です。

恋人はサンタクロース♪本当はサンタクロース♪

そう、サンタクロースってのは、優しい心で、その人を見つめていてくれて、1年がんばったご褒美をくれる身近な人。そんな優しい心を持った人が、その人にとってのサンタクロースなんですよね。みんなの心の中に居る、ってのはまさにそーいう意味なんでしょう。

とすると俺のサンタは?自分にメリクリってことは自分が自分のサンタなのか?そーなのか??(;_;)

posted in マイライフ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード