サーバ監視項目にCPUファン回転数追加

2月 20, 2011

カーネルの起動オプションを変更することによって、センサー系ドライバのロードが出来るようになったとです。GRUBに設定してあるカーネルの起動オプションに以下を追加

acpi_enforce_resources=lax

これでw83627ehfやsmsc47m1等のドライバがロード出来るようになります。そうすると、PCの電圧センサやファン回転数をモニタリング出来るようになります。この辺の設定を参考にしながら、CPUファン回転数を表示する機能をnet-snmpに追加。で、CACTIの表示グラフに追加してみたとです。

先日、CPUファンの障害に気付くことが出来なかった苦い思い出もございますので、これで大丈夫っかな~?

posted in コンピュータ, マイサーバー by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード