あー、言ってしまった…

12月 12, 2005

おいちゃんが今いるプロジェクト、変なオブジェクト指向を導入したことで、ぐちゃぐちゃになっていることはお伝えしたとおりです。
んで、すでに検討も佳境になってきた今!またもや変なものが出てきてしまいました…
おいちゃんたちが作っているのは通信機器です。通信機器の使命は、通信が高速であること。それ以上でもそれ以下でもありません。ですがその通信機器にもユーザインタフェースってのが必要です。通信機器の設定変えるためにね。巷で売ってるブロードバンドルータとかでも、Web設定画面とかあるでしょ?あんな奴ね。そーいう後で設定可能なデータをどーするか、どうやって動いているアプリケーションに伝えるか、というのはかなり難しい問題だったりします。で、今回のコンセプトは、『一元管理しよう』だったわけ。つまりユーザインタフェースも、動作アプリケーションも、同じ場所をみる。ま、ここまでは話がよくわかるですよ。で、ここからが問題。変なことを吹き込むアホSIもどきが

クライアントサーバ型のSQLサーバを使おう!

と言い出しました。えーと、このシステムは、Webサーバかね??その彼いわく、なぜこうするかというと、将来、そのSQLサーバにおいたデータを外出しにして、外部サーバでの集中管理をしよう、と言うのですね。なんとなく良さそうな概念に聞こえるでしょ?しかし、これが落とし穴。各アプリケーションが動作するためのデータ、設定データだけでなく、一時変数みたいなものまでそっちに置こうと言っている…あのさ、そんなことしたらそのデータベースに

何万トランザクションが発生するかわかっているのか!

しかも、そのデータベースじゃ性能が足らないから、1次キャッシュ、2次キャッシュなんて構成をとろうとしておる。さらにそのキャッシュの性能が、秒間3000トランザクションなんだそうだ。で、ソフト側は、秒間1700トランザクション必要なんだそうだ。するとCPU負荷を60%も使うんだ。で、その他のアプリケーションはMAXで60%は使いたいんだそうだ。

性能が足らないジャン!!!!

と、ここまでケチをつけた後、うちが2週間ぐらいで作ったプロトタイプの方が、100倍以上の性能をマークしているという結果を出した。どっちが良いかは誰の目からも明らかなのに、ある人の『いかにも明らかなのに、何を迷ってるの?』の質問に、プロマネは、『もうSQLサーバで良いっていっちゃったから…』

所詮はメンツかよorz

さらに会議のあと、そのプロマネから、『もしも方向転換したとしても、そのSI屋さんが言ったやり方じゃないとプログラムが作れないから…』

一番えらいはずのプロマネが、プログラム人質に取られて何を脅されているのか

俺ならば、何がこのプロジェクトでの正義で、どー言う方法を取ることがその正義を全うすることか考えて意見をしているつもり。なので『一元管理は結構。だがSQLサーバを使った複雑なギミックでやる必要はない』と言ってるだけなのだが。ついでに、SQLサーバでないと作れないなどとたわけた事を言う技術者は

クビ

にするがなぁ。納入できたが、まったく性能が出ない製品を作るぐらいだったら、多少遅延することを覚悟の上でも、お客が要求する以上の製品を世に出すことが正義だと信じるス。顧客満足度って、納期に間に合うことではなくて、満足できる製品を供給することだと思うのだけど、間違ってる??うちのプロマネはホントにアホだ。もうたまりません…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード