ローレライを見てみた

11月 23, 2005

熱い

これはかなり良い映画だった。ちなみに雰囲気は宇宙戦艦ヤマト。敵の位置を全て映像で探知できるというローレライシステムを搭載した潜水艦イ507を駆って、日本への原爆投下を阻止するために出撃した役所浩二演じる艦長以下40名。しかしその裏には恐ろしい陰謀が…
というストーリーですが、話はすごく良くって、引き込まれるんだけどね。

映像がしょぼい

一番最初のイ507の出撃シーンなんか明らかに模型だって分かるようなしょぼさだし、なんともなぁ…このへんが日本映画の限界ってことなんでしょうかねぇ…ハリウッド演出でやってほしいものだ…
ただ、第二次大戦の日本を描いた仮想シナリオだとしても、一応歴史考証もちゃんとしてるし、面白い。先人たちの、現代へ向けたメッセージとしても受け止められるし。あまり詳しくは語るまい。一度見てほしいだすぅ~

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

1 Comment to "ローレライを見てみた"

  1. ささきあやこ wrote:

    原作はいいよぉ!読みなはれ。すごい長編なのに、一気に読めます。だから映画観てないんだ(w

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード