カプリコン1

10月 24, 2010

昔懐かしい映画ですね。結構有名な映画なんですが、実はオジサン見たことなくってね。なんとDVDで再販されていたので、レンタルしてみました。

人類初の有人火星探査船カプリコン1の打ち上げが迫る中、なぜか宇宙飛行士が下ろされ、連れだされてしまう。訝しがる宇宙飛行士に対して、打ち上げ計画の責任者は、着陸撮影用のセットを見せ、火星に行ったふりをして欲しい、と告げる。宇宙計画に対する国家の陰謀に巻き込まれた宇宙飛行士たちは、家族を人質に取られ、しぶしぶ従う事となる。順調に進む計画が、最後の地球帰還の段で、事故を起こし、地球にいるはずの宇宙飛行士たちは、死んだことになってしまう。国家に消されると悟った宇宙飛行士たちは…

という、アポロは実は月に行っていなかったという陰謀説の元にもなったカプリコン1ですね。非常に面白いアイディアだと思います。あの当時(多分1970年代)に、このような特撮を行うのは、なかなか大変だったでしょうねー。実際、これを作った監督さんも。「別に月に行った映像ぐらい、セットで作れるんじゃね?」と思ったんでしょうね~。

ただ、時代を感じるのは、ラストシーンでしょうかね。まぁ、ハッピーエンドっちゃーハッピーエンドなんだけどね。なんか突っ込みたくなっちゃうんだよな…まぁ、映画史上でも語られる一作ですから、是非ご覧アレ!!

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード