パトリオット

5月 30, 2010

メル・ギブソン主演の、アメリカ独立戦争を題材にした英雄もの。
これ、実話とかに基づいているのかしら。そーだとすると。

イギリスの植民地における虐殺があったってことですね

やーそれにしても、銃を持った戦争なんですが、なんで隊列組んで、正面攻撃なんですかね??伏せるとかそーいうの、ないんだ…200年前の戦争って、欧米側も、『やぁやぁ我こそは…』っていう戦争スタイルなんですね…や~、でも、現代から考えたら、非常に不条理な時代。ん~~~~~~…
改めて見てみると…欧米なんかも、ギャーギャー他国のことを遅れてるだ、後進国だ言いますが、結局昔はそーいう歴史を持っているってことですよねぇ…
なかなかオススメですね~♪

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード