最先端の開発手法

7月 5, 2005

@ITを読んでおりましたら、プロジェクトファシリテーションなるキーワードを見つけまして、ちょっと見物してみました。すると、プログラム開発現場ではちょっと目新しいキーワードとして、XP、アジャイルという開発手法が出てきております。これら開発手法の研究者たちの間でつい最近最もホットな研究課題となっているそうです。つまり、

今まさに最新鋭とも言うべき開発手法なわけで

んで、ちょいとPDFも公開されていましたので、ダウンロードして読んでみました。
このPDFによると、そもそも、プロジェクトにおける成功のキーワードは、設計手法でも、最先端の開発ツールを駆使することでもない。プロジェクトを構成する人間、ひいてはチームの結束力を高めることがプロジェクト成功の秘訣である。この前提があるからこそ、オブジェクト指向設計、XP等の最新設計手法や、最先端ツールを生かすことが出来るというわけです。
で、このチームの結束力を高めるための秘訣、それは…

朝礼をやろう

▼▼”⌒☆o(_ _o)ドテッ
となるのも間違いない。ですがこの事こそが最新設計手法のキーワードらしい。つまり、チームのみんながお手軽に情報共有できる秘訣、チームの結束力を高める秘訣がここにあるそうです。
そう。おいちゃんも実は、この考えに大いに賛成。というのも、うちら技術に生きる人たちと言うのは、正直技術力偏重主義に偏り勝ち。実際ヲタな人たちも多かったりして、横通しのつながりというのを軽視しがちだったりする。んで、己の技術力を高めることに夢中になり、複数の人で一つのタスクをこなすことが苦手だったりする。ですが、人間一人で生きてはいけない。一人前でない人間でも、お互いの不足点を補い合ってチームが結束することで予想もしないパワーを発揮するものです。ですがなかなかここに目が行くことって少ないんですよね…技術さえあれば生きていける。手に職をつけよ、と…

実際には違う

と声を大にして言いたい。技術を学ぶ、なんてのは、本人がその気になっていれば勝手に学ぶものです。でも、その気にさせるためのアプローチが重要であります。それは環境であったり、周りの人たちとの協力もあり、なおかつ周りの人たちとの競い合いというのも重要です。要は環境。自分でさくさくやってく人なんて一握り。環境に流されちゃう生き物なんですよ。ですので是非とも

朝礼で朝は気合を入れて

仕事をしようと思っています。だけど

あさってテンション上がらないんだよねー

だめじゃん…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

1 Comment to "最先端の開発手法"

  1. ささきあやこ wrote:

    ども。元気かな?
    力をひとつにまとめるってのは、実は今の社会に
    足りないもののひとつだと思うのよね。
    たとえば、うちの王子の学校。ひとりひとりの個性を大事に
    するあまり、みんなでなにかをやろうってことが
    非常に少ないの。
    で、この間、担任の先生に頼まれて、クラスの子供たちに
    「ソーラン節」の振り付けをしました。
    外国から交換留学の先生をお招きしてるので、その先生に
    披露しようってことで。
    計4回授業に出たんだけど、よっぽどアタシが怖かったのか(爆)実に集中して、見事に踊ってくれました。
    誰か一人でもふざけたりいい加減にやったら、絶対に成功しないってことを最初にビシっと言ったせいなのか、
    かなり頑張ってくれて、すごくいいものができたと思うんだ。
    オトナも同じだよね。ただ、小さいころから個人主義だと、
    オトナになって結束しろったってムリなのかもしれないね。
    ・・・以上、最近ミクシィにはまってるアヤコ姉さんでした♪

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード