IT業界をささえるインド人

6月 23, 2005

このあいだ、TVをみたら、IT業界で注目を集めているインドの実状をやっていたので、ちょっと見てみました。
インドでは、パソコン普及率は1000人に2、3台という状態らしい。日本のように、気軽にPCが手に入るという状態ではないようですね。国民の平均収入も日本と比較すると低いんでしょうねぇ。
なので、教育熱が非常に高いらしい。で、教育レベルも非常に高いようです。というのも、インドで最も出世する早道は、エンジニアになることらしい。なので、理数系の勉強を、小さいうちから叩き込むらしいです。
そーいう訳で、プログラマー、SEなどといった職業の方々のステイタスはものすごく高いらしい!その辺はお国事情の違いもあるのでしょうがね。
国内でお仕事しても、大して金にはならんのでしょうな。対してエンジニアの就職先は、Intel,Microsoft等のIT系超巨大企業がメイン。医者、弁護士、文系企業といった職業はどんなに出来ても国内での仕事がメインでしょうな。で、国民自体が貧乏だと、金もそんなに多くはもらえないだろうしねぇ。さらに、どこの国でも大体やることは似たり寄ったりなので、自国民で賄えちゃうと。するとアメリカ、ヨーロッパなんていう舞台で活躍出来るのは多分稀なんだろうねー。
それと比べると、プログラマやSEといったエンジニアは個人が持つ技術がモノを言う世界。独自の技術を持てさえすれば、速攻で引き抜きとかある世界ですからな。海外にも出やすいんでしょう。なのでエンジニアのステータスがものすごく高い。仕事が成功すれば、インドでビルが建つぐらいらしい。
それと比べたら、日本のエンジニアのステータスは…低いよなー。投資する努力と比較して、回収できる利益は、サラリーマンの中でも低所得な部類に入る方だし。コストパフォーマンス悪すぎ。しかも一般の認知度も低いときてるし。
ちょっとインドが羨ましかったなー。でも俺如きではだめか。何といってもインドの方々は

65×65と言った計算は一瞬でできる

ぐらいの計算能力だし。韓国とかでも、大学生レベルは英語ぺらぺらが常識みたいだし。
日本はそーいう意味では、平均的には頭いいけど、とびぬけて頭がいい人は少ないのかなー。しかも最近、

理系の学力レベルの低下が著しい

とも言うしね。それを通巻している今日このごろ。これからの新入社員はますますひどくなるのかなぁ。。。うう、頭痛い…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

1 Comment to "IT業界をささえるインド人"

  1. ささきあやこ wrote:

    ・・・・まぶやん、もしかして、日曜の16時くらいからやってた
    「世界の井戸端会議」って番組見た?
    インドの教育ママたちに、やるせなすの石井ちゃんがインタビューしてて、マヤンクくんのうちに行ったやつ!?
    そのおかあさんの声、アタシですが・・・(爆

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード