めちゃめちゃです。

11月 26, 2009

設計開発のお仕事って、いろんなやり方がまぁありますが、ISO9001などの品質基準に則ったり、CMMIやPMBOK等のいわゆるプロジェクトマネジメントのお手本に則ったりと、いろいろあります。
まーそういうものを使いつつなんですが、進め方は大きく分けて2種類に分かれます。ウォーターフォールモデルと、スパイラルモデル。ウォーターフォールとは、文字通り、川の流れのように~~♪進めていきます。顧客要求事項→要件定義→仕様書→設計書→設計書に基づきプログラム作成→作った設計書、仕様書、要件定義通りに動くのか?の試験。つまり上流から下流に向けてってやつね。で、もうひとつのスパイラルってのは、顧客要求から少しづつプログラムを作り、動作をお客さん等と検証しつつ、徐々に、徐々にすべての成果物を育てていくやり方ね。大きく分けると、大規模開発はウォーターフォール、少人数の開発はスパイラルのほうが向いてます。

で、今のプロジェクトは、300人もいるとっても大きいプロジェクト。なもんで、ウォーターフォールモデルなんですが、なんとびっくり。顧客要求、要件定義、仕様書がまだ完成していないのに、設計書の作成ががん~がんすすんでる。

どぉいうこと??

で、あと1月でプログラムの結合、立ち上げをしないといけないのに、『仕様書が遅れます。12月中旬になります』

はぁ??

どいつもこいつもみんな馬鹿なんじゃないかと。今日は反乱を起こしました。

立ち上げなんか知るか(#゚Д゚)ゴルァ!!

と。なんなんだ、この統率のないプロジェクト。真剣に、今から予防線張らないと真剣にやばげ。またとぼけたフォローが始まる。『どうやって挽回するんですか?』

お前らがちゃんと仕様書作る連中フォローしないからだろうがくそボケが!!

あーもう。なんでこんな連中が上にたむろってるんだろう…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード