スターウォーズエピソードⅢ

5月 22, 2005

ここ最近、ちょっと面白そうな映画が目白押しですね。レンタルでは
・ターミナル
・スカイキャプテン
・オーシャンズ12
これから公開されるものとしては
・ザ・インタープリター
・炎のメモリアル
・キングダム・オブ・ヘブン
・スターウォーズエピソードⅢ
とくにおいちゃんはキングダム・オブ・ヘブンに大注目中。オーランド・ブルームはかなり大作に出演しまくってますしね。ロードオブザリング、TROY、そして3作目ですよ。しかも歴史大作モノ。期待度大です。
ですが、スターウォーズ、シリーズ完結ということで話題にはなっておりますがぁ、これは

公開の順番が違うでしょ?

と、言いますのも、既にストーリーが見えてしまっていると思うのですが…まず既に30年前に公開されたエピソードⅣ反乱軍のレイア姫がシスの暗黒卿率いる帝国軍に追われ、ダースベーダー(実は親父のアナーキン)に捕らえられると。で助けを求めたのが偶然生き別れの兄弟であり、ダースベーダーの息子のルークというお話でしたよね。
で、エピソードⅡクローン大戦では、ソロ船長を捕まえたボバ・フェット(子供で出てきたね)の親父のジャンゴ・フェットが、遺伝子を貸して共和国のクローン兵士が大量に出てきて、これが帝国軍のストームトルーパーそっくりでなー。で、アナーキン君が共和国議長に平身低頭従うようになるし、で、マスターヨーダと戦った、ダークフォースを使うかつてジェダイの騎士だったじーさんは共和国議会に逃げ込むし。これから導かれるストーリーは以下?
シスの暗黒卿は共和国議長。議長はたくみにアナーキンを洗脳し、フォースの暗黒面に誘う。それに気付いたアミダラ姫が、オビワンやヨーダに救いを求める。気付いたときにはもう遅い。シスの暗黒卿はクローン兵で武装し、アナーキンも味方につけている。オビワンやヨーダの健闘むなしく、共和国は帝国へと姿を変貌し、失意のアミダラは、わが子を隠すことを決意し、反乱軍を編成して、娘のレイアを育て、ルークはオビワンに託し、砂の惑星タトゥーインに身を潜める。

こんなんじゃねぇの??

全て想像だけど、でもなんとなくこんな感じな気がする。結末が分かってる分どーしよーもないよなー。唯一分からないのは、アミダラはどーなる?死ぬの?逃げるの?ってとこぐらい。おいちゃんの想像を覆すような展開があるのか?こうご期待ってところだけどね。

でもやっぱり、一番面白かったのはⅣ、Ⅴ、Ⅵの3部作

だと思うなぁ。あそこでやめといたほうがよかったんじゃないだろうか…もしくはどうせⅠ、Ⅱ、Ⅲやるなら、Ⅶ、Ⅷ、Ⅸもやって欲しかったな。所詮Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは話見えてたんだし。残念。

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

0 Comments to "スターウォーズエピソードⅢ"

  1. ブログ » スターウォーズエピソードⅢを見てみた | 徒然日誌 - Nest Of Hawk wrote:

    […] スターウォーズエピソードⅢを見てみた 11月 26, 2005 tweetmeme_url = 'http://femt.ddo.jp/modules/wordpress/?p=270';tweetmeme_source = 'blueimpulse_no7';想像してた話と大体似たり寄ったりだったなぁ。ですが、アナキン君の寝返りの原因となった事実が自業自得な出来事だったとは…なんともまぁ。 と言うことで、まーエピソードⅢはほぼ予想通りのストーリーでした。ですが、こーいう昔ながらのストーリーって […]

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード