バンドオブブラザーズ

10月 2, 2009

ひさーしぶりに見てみました。もう、かれこれ5年も前の作品なんですけどね。スピルバーグ監督作品の、ノルマンディ上陸作戦以降のヨーロッパ戦線を戦うアメリカ陸軍空挺部隊が主人公の作品。

第一話は、出撃までの回想シーンなんですけどね。新兵時代のしごかれてた時期のお話。

教官としては優秀だが、実戦では、ビビりーでまるでダメ男な隊長(ソベル)の元、部下は成長したが、あまりにも実戦に不向きなことと、部隊が信頼している副隊長(ウィンターズ)の軍法会議騒ぎをきっかけに、部隊が造反を行い、ソベル解任への道を開く…

実際、あるんですね。このバンドオブブラザーズって実話なんですよね。ウィンターズって実在の人物なんですよ…なんか他人事に見えなくて、ほんま恐ろしくなってきた。
銃殺も覚悟の元、任務拒否っていう決断を下すんですけどね。それほどまでして上官を助けようとした部下と、その部下を統率する副隊長…この絆って、強いよね~。そこまでの組織なんて、なかなか築けないと思う。

で、俺が思った率直な感想。

あれ?身近にいるよ?ソベル

劇中の見た目も、な~んかそっくりなんですけど…

posted in マイライフ, 映画 by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード