筐体内の監視

4月 11, 2005

これから暑くなってくる季節。サーバと言えば内部状態の管理はそれなりにシビアーにやらないといけなくなってきます。と言うことで、サーバにsmartdとlm_sensorsをインストールしてみました。
smartdはハードディスクを監視してくれる奴。S.M.A.R.Tというとピンと来ますでしょうか?ハードディスクの異常をそれなりに感知してくれる奴。そもそも異常が出た時点でダメっちう話もありますが、まーそれはそれ。やばくなりそうなときはお知らせしてもらえば交換も出来ようというもの。
またlm_sensorsはマザーボードのセンサーチップからの情報を収集してくれるもの。お陰でCPU温度や、筐体温度がわかるというモノですね。んん~すばらすぃい。これにMRTGを併せてサーバ監視機能を完成させたいところですね~。

posted in コンピュータ, マイサーバー by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード