自宅鯖計画

Windowsとの連携ネットワーク anchor.png

最近はパソコンOSといてばWindowsを使用するぐらいメジャーですから、存在を無視することははっきり言って不可能ですね。私も、サーバならばLinuxを使用してはいますが、クライアントOSはWindowsです。ソフトの入手のしやすさ、インストールの簡単さ、グラフィック関連の応答性のよさは、ちょっとWindowsにはかなわないと思います。

UNIXの世界で、Windowsとの共有を行うには、Sambaというツールを用います。という事で、この項ではSambaを用いての

Page Top

ワークグループによる共有 anchor.png

RedHatでの設定の例では、/etc/sambaにsambaの設定が入っています。この中のsamba.confを編集します。

[global]
       coding system = euc      ←日本語ファイル名を使用する場合必須。普通はeuc
       client code page = 932   ←日本語ファイル名が化けないようにこれを追加しておきましょう
       workgroup = Foo          ←ここをお好みのワークグループ名にします
       server string = Samba Server ←ネットワークコンピュータで見えるコメント
       encrypt passwords = Yes
       obey pam restrictions = Yes
       pam password change = Yes
       passwd program = /usr/bin/passwd %u
       passwd chat = *New*password* %n\n *Retype*new*password* %n\n 
                     *passwd:*all*authentication*tokens*updated*successfully*
       unix password sync = Yes
       log file = /var/log/samba/%m.log
       max log size = 0
       socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
       dns proxy = No
       printing = cups

このグローバルの項がsambaサーバのデフォルトの動きを定義します。大体の設定はデフォルトの設定ファイルで定義してありますから、日本語コーディングの設定(coding system,client code page)とワークグループ名(workgroup)の編集でうまくいくはずです。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1248, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2009-08-16 (日) 22:39:13
最終更新: 2009-08-16 (日) 22:39:13 (JST) (2923d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード