Gentoo Linuxな生活​/サーバ設定関連

Windowsとの共有 anchor.png

いまやWindowsとの共存共栄は避けては通れません。なぜかってーと、実は私もデスクトップはWindowsだから。最近Gentooとマルチメディアの2面攻撃を仕掛けていますが、Linuxの進化には目を見張ります。すばらしい事だと思います。ほんとーに。WindowsとLinuxを比べたら、お金に対して出来ることはLinuxの方が間違いなく多い。サーバからクライアントまで。しかもリソースの活用に対しても、無駄だらけなWindowsと比べてLinuxの方が優れていますね。でも、でもなんです。Linuxは手間っくいですね。ほんとに。まぢで。あえてオリジナルでモノを作りたいからやってますけど、単なるクライアントパソコンを作るだけならWindowsの方が早い。しかもゲームやマルチメディアな用途だと、圧倒的にWindowsの方が強いですね。
だからLinuxとWindowsは上手な住み分けが重要だと思っている訳です。Microsoftは好きじゃー無いけど、誰にでも使いやすいモノを作るコツは十分心得ている無視できない存在ではあるでしょうね。
で、目標の、TVでも、PCでも何時でも何処でもなユビキタスな環境作りにはマルチメディアなクライアントOSとの共存はプリミティブとして用意しておかなきゃいけまへん。ネットワーク上のファイルサーバですね♪

Page Top

さてインストール anchor.png

emerge -b samba

終了ー、とはいかせませんでした。まず、そのままでインストールされるバージョンは2.2.8aです。これだと日本語系が入っていません。3.0になると日本語を標準で扱えるようになります。ですがこれはまだMaskがかかっていますので、強引に開発版をインストールする必要があります。また、make.confでLDAPを無効にしている人以外は、LDAP用パッケージがインストールされてしまいます。これをとりあえず無効にしてやろうと。LDAPもチャレンジしようと思ってるのですが、実はまだ解っていないので。で、以下のようにします。

ACCEPT_KEYWORDS="~x86" USE="-ldap" emerge -b samba

ACCEPT_KEYWORDSで~x86を指定すると、開発版Maskの指定を無視して、チャレンジャー環境をインストールしようとします。茨の道をたどる覚悟の人はmake.confに入れておくと良いでしょう。ですがこのPCはサーバ用途で、不安定にはしたくないのでsambaの1パッケージのみを対象にしたいと思います。

さて、ここでsamba3.0、実はすっげぇsmb.confの内容がかわっちゃってたりします。はぁ…日本語ファイルを見られるようにするための設定も含めてこんなかんじで。

[global]
       dos charset = CP932    ←日本語の設定
       unix charset = EUCJP-MS  ←日本語の設定
       display charset = EUCJP-MS ←日本語の設定
       workgroup = FOO      ←ワークグループ
       netbios name = VAR     ←サーバ名
       server string = サーバ君   ←コメント
       obey pam restrictions = Yes
       pam password change = Yes
       log file = /var/log/samba/log.%m
       max log size = 50
       socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
       printcap name = lpstat
       dns proxy = No
       ldap ssl = no
       invalid users = root
       hosts allow = XXX.XXX.XXX.0/255.255.255.0
       printing = cups

[homes]
       comment = Home Directories
       read only = No
       browseable = No

[video]
       comment = 共有場所
       path = 適当なパス
       force group = users
       read only = No
       create mask = 0774

日本語の設定だけ悩みましたが、あとは今までどおりでうまくいきました。あとはsmbpasswdを使ってアクセスしてくるユーザを登録するだけです。

# smbpasswd XXXX
New SMB password: ←Windowsで共有時に打つパスワード
Retype new SMB password: ←もう一度

これでsmbを起動すればOKですね。

/etc/init.d/samba start
rc-update add samba default

これで終了です。アクセスできましたか?アクセスできないとすると共有場所のパーミッションが合ってない場合があります。良くありがちなのが、共有予定のディレクトリでls -alって打って、こうなってませんか?

drwxr-xr-x    9 root     root         208  4月 27 02:41 . ←コレ
drwxr-xr-x   17 root     root          408  4月 27 21:30 ..

一番左端がパーミッション。あとディレクトリの持ち主がrootになっていると、この例でははじかれてしまいます。usersグループの人ならアクセスできるようにするならば

# chown root.users .
# chmod 775 .
# ls -al
drwxrxr-x    9 root     users         208  4月 27 02:41 .
drwxr-xr-x   17 root     root          408  4月 27 21:30 ..

となれば多分アクセスできるでしょう。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1824, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-08-19 (水) 00:57:46
最終更新: 2009-08-19 (水) 00:58:31 (JST) (3019d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード