SASL認証をLDAPに置換する。 anchor.png

SASL*1は、LDAP/Postfix/ipapデーモンなどの認証基盤となるライブラリです。メールを送信したり、メールを閲覧したりする際に、ユーザ、パスワード入力を要求されたりするときありますね。あれです。通常は、SASLもデータベース(sasldb)てのを持っていて、こちらにユーザ情報を登録しておくと認証ができます。

で、これをやめ、LDAPの情報を用いて認証するように変更いたします。そのためには、saslauthdというデーモンをかまし、postfix/cyrus-imapd→saslauthd→LDAPという順でアカウント情報を引くように設定いたします。

Page Top

saslauthdの設定 anchor.png

Page Top

/etc/saslauthd.conf anchor.png

/etc/saslauthd.confを以下のようなフォーマットで作成いたします。

ldap_servers: ldap://foo.example.com/
ldap_search_base: ou=People,dc=example,dc=example
ldap_bind_dn: cn=syncuser,dc=example,dc=example
ldap_password: secret

ここまでやってきたら、大体設定の意味は分かっているでしょう。ldaps://にするというのもいい手ですね。で、

Page Top

起動 anchor.png

saslauthdを起動します。ついでに自動起動も設定しておきますか。

# /etc/init.d/saslauthd start
# rc-update add saslauthd default
Page Top

postfixの設定 anchor.png

Page Top

/etc/sasl2/smtpd.conf anchor.png

/etc/sasl2/smtpd.confというファイルがあります。これは、postfixが、何を使用して認証するかを規定しています。以下のようにしてやりましょう。

pwcheck_method:saslauthd
mesh_list: LOGIN PLAIN CRAM-MD5 DIGEST-MD5 NTLM

あとは、SMTP-AUTH+Secure-IMAPで悩むの項で実施した内容がなされていればOK!で、再起動してやってあげてください。  # /etc/init.d/postfix restart

Page Top

cyrus-imapdの設定 anchor.png

Page Top

/etc/imapd.conf anchor.png

こいつの、以下の項目を設定します。

sasl_pwcheck_method:    saslauthd

以上おしまい。あとは、SMTP-AUTH+Secure-IMAPで悩むの項で実施した内容がなされていればOK!で、再起動してやってあげてください。

意外と簡単だったでしょ?SMTP-AUTHやIMAP-TLSが設定されてれば、認証基盤がsaslauthd経由LDAPになっただけで、使用感は全く変化ない、はずですよね。


*1 Simple Authentication and Security Layer

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2816, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-01-08 (土) 20:31:19
最終更新: 2011-01-08 (土) 20:33:00 (JST) (2511d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード