LDAPデータのユーザ間セキュリティを考慮する anchor.png

LDAPのデータはいろいろ重要データが入っています。中には人に見られたくないデータもある。なもので、ユーザ間で見られても良いデータ、見られると嫌なデータを分けておこうと思います。

私のポリシーは以下で。

  • Managerさんは当然全て読み書き可能
  • syncuserさんはレプリカの都合上全て読み出し可能
  • パスワードは自分自身は読み書き可能。他ユーザは参照も不可
  • 個人アドレス帳も他ユーザは参照不可。個人情報保護の観点で。
  • その他の情報は他ユーザも参照可能 ということで行ってみましょう。
Page Top

LDAPサーバのアクセスリスト anchor.png

OpenLDAPにはアクセスリストという便利な機能があります。これを用いることで、各ユーザのアクセス制御が可能です。 SLAPD.ACCESSのManページとか見ると良いですかね。構文は

access to <what> [ by <who> <access> [ <control> ] ]+
<what>
どの要素を
<who>
誰に
<access>
どんなアクセスを許すか
<control>
アクセス規則適用のフローを制御します

詳しくは、SLAPD.ACCESSのManページを見てやってください。

さて、アクセスリストのポリシー実現方法を具体的に。

Page Top

パスワードは自分自身は読み書き可能。他ユーザは参照も不可 anchor.png

access to attrs=userPassword,sambaNTPassword
       by self write
       by dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=syncuser,dc=example,dc=com" read
       by anonymous auth
       by * none

さて。userPasswordとsambaNTPasswordは、

  • self=自分自身は書き込み可能。
  • Managerさんも書き込み可能
  • レプリカに使用するユーザは読み込みが可能
  • その他の人は認証
Page Top

個人アドレス帳も他ユーザは参照不可 anchor.png

access to dn.regex="ou=(.+),ou=Address,,dc=example,dc=com"
       by self write
       by dn="uid=$1,ou=People,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=syncuser,dc=example,dc=com" read
       by anonymous auth
       by * none

さてー、今度は記号が出てきましたね…正規表現です。(.+)は、任意の文字列にマッチする、を表現します。つまりうちのポリシーの場合は、ユーザごとにuidと一致したouのアドレス帳を持つ設定にしてますので、対応する文字列が出てきますね。

で、2行飛ばして、uid=$1ってあるのわかりますかね?これは、後方検索といって、先の正規表現にマッチした文字列が代入されます。つまり、あるユーザのアドレス帳は、あるユーザだけ書き込み可能を意味します。つまりあるユーザのアドレス帳は

  • 自分は書き込みOK
  • あるユーザだけ書き込み可能
  • Managerさんも書き込み可能
  • レプリカユーザは読み込みだけ可能
  • その他の人は認証
Page Top

その他の情報は他ユーザも参照可能 anchor.png

access to *
       by self write
       by users read
       by anonymous auth
       by * none

他の情報全ては

  • 自分は書き込み可能
  • ユーザは参照のみ可能
  • その他の人は認証
Page Top

slapd.confに反映 anchor.png

以上の設定を/etc/openldap/slapd.confに反映します。

access to attrs=userPassword,sambaNTPassword
       by self write
       by dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=syncuser,dc=example,dc=com" read
       by anonymous auth
       by * none

access to dn.regex="ou=(.+),ou=Address,,dc=example,dc=com"
       by self write
       by dn="uid=$1,ou=People,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=Manager,dc=example,dc=com" write
       by dn="cn=syncuser,dc=example,dc=com" read
       by anonymous auth
       by * none

access to *
       by self write
       by users read
       by anonymous auth
       by * none

このアクセスリストは、上から順に評価されていきますので、順序は誤らないように注意してね。特に一番最後のaccess to *が頭にあると、全てが台無しでございます。気をつけてねー。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2348, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2011-01-10 (月) 22:23:09
最終更新: 2011-01-10 (月) 22:27:05 (JST) (2382d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード