ページへ戻る

− Links

 印刷 

Gentoo Linuxな生活​/IP電話の基本をお勉強しておきましょう :: Nest Of Hawk

xpwiki:Gentoo Linuxな生活/IP電話の基本をお勉強しておきましょう

IP電話はどういう仕組で動いているのでしょう? anchor.png[1]

IP電話は、SIP*1というプロコトルを用いて実現されています。SIPは元々インターネット上の会議を行うためのプロコトルとして設計され、IPネット上でのリアルタイム通信を制御する目的のプロトコルです。

図に示す通り、SIPサーバ、SIPクライアントで構成されます。SIPクライアントは、起動時、指定のSIPサーバに登録します。すると、SIPサーバ上でReadyになった通信端末として認識されます。SIPクライアント1からSIPクライアント2を呼び出すと、SIPクライアント同士での通信ネゴシエーションが行われ、通信がOKとなると、RTPと呼ばれるデータトランスポートが開きます。RTPを用いて、音声や画像等のデータストリームが通信されて、電話やTV会議として成立する、というわけです。

ただ、その2に示すように、SIPサーバでRTPを中継するような設定もできて、この方が柔軟な設計がいろいろできます。暗号化とかコーデックの違いとかを吸収できたりね。

Page Top

Asteriskは何するの? anchor.png[3]

今回、IP電話を用いたPBXということなので、スマホなどの端末からみるとSIPサーバ、050plusやFUSION IP-Phone SMART等のIP電話事業者からみると、SIPクライアントという位置づけになります。SIPによる通信制御及びRTPによるデータストリームの通信を全て中継し、制御するという位置づけのソフトになります。


*1 Session Initiation Protocol、セッション確立プロトコル

Last-modified: 2014-10-05 (日) 22:17:28 (JST) (1046d) by maruo