自宅鯖計画

FTPサーバをやってみよう anchor.png

FTPサーバも、RedHatの場合は簡単です。いくつかやり方があります。RedHat9では、vsftpdとgssftpdが入っています。gssftpdはサーバのユーザからのFTPを受け付けるもの、vsftpdは一般に解放するftpサーバ向けに考えているようです。

/sbin/chkconfig vsftpd on
service vsftpd start

もしくは

/sbin/chkconfig gssftpd on
service xinetd restart

で起動します。WindowsかなんかのFTPクライアントを使ってアクセスしてみてください。アクセスできましたか??

Page Top

設定の注意どころ anchor.png

FTPサーバはサーバ用途ではHTTPに次いで多く解放されるサーバだと思います。一般的にはサーバのユーザ個人のアカウントでのログインを外向きには解放しない方が無難です。それは[Telnet]の項でも述べましたが、通信データが暗号化されていないため、ユーザアカウント/パスワードが丸見えになってしまいます。するとそれを狙っていたクラッカーさんにログインを許す窓口を提供することになってしまいます。

なので、vsftpの場合はアカウントanonymous(誰かさん)ログインのみを使わせる。その他のアカウントからのログインは許さないようにしたほうが無難。

gssftpは内部向けのみと言った使い分けをしたほうが良いですね。

でも推奨としてはFTPサーバは使わないほうが良いと思います。

  • 内部向けならNFSやSambaを使って共有ディスクとして使える
  • 外向けにはSSLを用いたHTTPでWebDAVかなんかを使えば便利

と言うわけで、不要に穴をあける必要も無いかと思われます…


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3253, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-08-16 (日) 22:40:45
最終更新: 2009-08-16 (日) 22:40:45 (JST) (2869d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード