我思う 故に我あり

悲しい時代 anchor.png

最近、子供(成人ではない人たち)による事件ってとっても多いですよね。最近事件になりました児童殺傷事件を始め、中学生による幼児突き落とし事件とか、最近犯人が釈放されたという神戸の有名な事件とか。うぅぅん、問題視されてる割には、一向に改善の兆し無し。これはどーいうことなのでしょうか…

Page Top

やっぱり教育? anchor.png

と、言っても大人が子供に接するとき、引いては親が子に対する立場といいましょうか。最近の子供たちは、子供でいることが至極居心地がいいように見えるんですが、どうなのでしょう?かれこれ10年以上前?ピーターパン症候群なんていう大人になりたくない大人たちみたいな言葉がもてはやされた時期もありましたねー。実はこれっておかしいのでは無いか?と思うのです。

Page Top

子供とは anchor.png

はっきり言って本来制限が多いはずなんですよ。

  • 学校に行かなきゃいけない
  • 夜遊びはいけない
  • 不純異性交遊してはいけない
  • 一人で長距離の移動も制限
  • 免許も無い
  • 酒、タバコもだめ
  • わけのわからん校則にがんじがらめ

「わけがわからん規則になぜ従わなきゃならん?」と私も中/高の頃は思ったものです。でもこーいわれたもんです

「親に食わせてもらってる身分でえらそうなこと言うな」

そう。結局コレが子供の限界だったんですよね。子供の行動範囲なんてたかがしれたもの。規制だらけで何もできない。子供の身分って、私からすると悲しいぐらい不自由だったんです。ですので、早く大人になりたかったもんなんですがねー。今からして思います。実はこれって重要なことなのではないか??と。やりたいことは大人になってからやればいい。子供のうちはがたがた言わないで大人の言われたとおりやればいいんだ、と言われ続けること。そこからの反発で、必ず自立してやる!と私自身は思いました。でそれはそれで必要なことだったんじゃ無いかと。

Page Top

一番の問題 anchor.png

少なくとも私の親(昭和一桁生まれ)は、恐怖と尊敬の対象だったんですよ。親には逆らえない、みたいな。寡黙で、普段あまりがたがた言わないけど、怒るとめちゃめちゃ怖いみたいなね。今の親御さんで、恐怖と尊敬の対象になってる方ってどんぐらいいるんでしょうかね?

  • 友達みたいな親子?
  • 児童虐待してるだけ?

う~ん、古きよき親父お袋ってのがなくなってきてる気がするんですがねぇ…

Page Top

さらに anchor.png

うちらの時代でも、表現の過激なドラマや、映画、漫画なんていうのは在ったと思うんですけど、そこまで酷い事件を起こすようなことはありませんでした。なんでなんでしょうねぇ…
外出て遊んで、怪我したり喧嘩したり。悪さして先生や親に殴られたり。身をもっていろんなところで体の痛みを知ってる分、それほど酷いことをしなかったような気がするのですよ。そーいうのが少ないのかなぁ?

Page Top

ネットの時代 anchor.png

ネット文化で、人を相手にしないコミュニケーションってのも増えていますね。私はっきりいってハンドルネームでやりとりしてるのがホントは良くないんじゃないの?って気がします。昔は平和だったんだけどなぁ>インターネット。
とにかく、人間社会に対する教育、ネットにおける教育、人と接する最低限のマナーってやつをちゃんと教育していくべきと思う今日この頃です。おいちゃんも会社の後輩にはそーいう教育を心がけよう。うん。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 1171, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2009-08-16 (日) 23:01:48
最終更新: 2009-08-16 (日) 23:01:48 (JST) (2989d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード