モータースポーツな世界

インプレッサというと anchor.png

WRCでも活躍する、日本を代表するハイパフォーマンスなスポーツカーの一車種でしょう。クラス最高のパワーとトルク、シンメトリカルAWDが醸し出す、メカニカルな素性の良さ、GTRやスープラなどのモンスタースポーツカーとは明らかに異質なキャラクター。サーキットを高速に走ることよりも、一般道でのアクティブセイフティを極限まで追求したスポーツカーと言っていいのではないでしょうか。

Page Top

そんなキャラクターもあって anchor.png

まずモータースポーツ(特にラリーやジムカーナ)のベース車両として用いられる事も多い車です。一般的車好きな方々からしても、まずチューニングしていないインプレッサはほぼ無いと言っても過言では無いでしょう。GC8では保険の等級8。GTR、RX-7、スープラ、ランエボに次ぐランクでモーレツに高い。正直事故も多い車だったんでしょうねー。保険も高いったら…。GDBに変わってから等級5。えらい安くなって、維持もしやすくなったってもんですね。

Page Top

ところで anchor.png

このチューニング。確かにオリジナルの1台を作るために、精魂かけて全てを投げ打ってクルマにつぎ込む。うん。それも一つの楽しみ方の一つです。インプレッサオーナーの方にはそういう方が多いのはうなずけます。誰も俺の前を走らせねぇ!!!そーいうの、確かにアリ。おいちゃんも若い頃はそーいうプライドみたいなのがあった。ですが、

そのモチベーションを維持し続けるのは非常に難しい!

のですよ。

Page Top

若い頃 anchor.png

おいちゃんもブルーインパルス号1号機(GC8Fね)までは、峠でぶっ飛ばしてました*1)。峠で自分の安全マージンぎりぎりでコーナーに突っ込んでくのはかなり度胸が要ると思います。この、一般生活にないスリルと緊張感を味わえるってのが、クルマ(というか峠)の魅力でもあるわけですよね。

Page Top

ところが anchor.png

ある日、同じように峠でコーナーに自分の限界で突っ込んでいくときに

なんでこんな怖い思いして車運転するのかな?

という疑問が。そう。スリルと緊張感が、じつは一般生活に入り込んできたのですな。GC8Bの初号機に乗ってるときは、ただのペーペー。上から言われる通りに仕事をし、自分がアイデアを提案しても、一笑にふされ、特に刺激もなにも無い時期は、プライベートに刺激を求めたのですが、時が経って、仕事上も責任を負わされてくると、自分の技量の限界にチャレンジし、自分の発言が仕事に影響を与え、自分の行動がチームの部下に影響を与えるような権限を与えられてきたわけです。「本当にコレでいいのか?」と自問自答しながら、手探りでプロジェクトの命運を握る緊張感を常に味わっていたら、

プライベートぐらいのんびり過ごしたいよね

に変わってきてる自分に気づいてしまった瞬間でした。

Page Top

だからと言って anchor.png

クルマがクラウンとかオデッセイでは無く、インプレッサだったのは、「クルマ」に「非日常」を求めたかったからでしょうねぇ。そんなクルマでは体験し得ない旋回Gと圧倒的な加速G。コレだけは捨てられなかったんだなー。但しGC8の気難しさにはちょっと疲れ気味にはなってきてましたけどね(笑)。そこででてきたのがGDBなのですよ。扱いやすさと非現実の高次元の両立。ある意味インプレッサは、おいちゃんが求めるように、リアルタイムで進化してきたと言えますかね。GC8B(やんちゃ坊主)→GC8F(やんちゃ青少年)→GDBA(社会に出たて)→GDBE(ある程度成功したビジネスマン)ってとこですかね?

Page Top

おいちゃんの求める方向性 anchor.png

究極の速さを求めたいとは特に思わなくなっちゃいました(笑)。まぁ自分が楽しければいいかな?と。チューニングもいいんですが、今のGDBEに乗ってると、これだけでも十分凄い。スロットルを開け切れないほど凄い。さらに、チューニングしようと思うと、インプレッサは金がかかる…もしもやるなら、かっこだけのチューニングはしたく無いですし。アクティブセイフティを高める方向で、クルマの性能を上げる方向でやりたい。ですが

  • 吸気をいじったら、コンピュータ、マフラーまで一気にやらないと
  • 足回りをいじるなら、いっそブッシュとかもピロ化するか?

やりだすときりがなくなってしまうです。特にインプレッサはクルマに余裕が無い作りしてますからね。バランスを崩すと改悪にしかならなそうだし。さらに、それよりも元々弱い部分とかを強化するほうが先。冷却系とかね。

Page Top

というわけで anchor.png

reft, DSCN0148.JPG

今の状態を健康に維持するにはどうするか?を考えて行きたいと思うわけですね。もしもパーツを組むならば、耐用年数が過ぎて部品交換するときでもいいんじゃないか?と。インプレッサオーナーの中にはこーいう人も多いのではないかと思うのですが、どうでしょう?

と言うことで、初期状態を維持し続け、むしろもうちょっと良くしていくような、あまり背伸びしないメンテナンス日記にしようと考えております。教科書は左にあるインプレッサWRXオーナーズマニュアルね。サス交換のインプレッションなんざ5年先かもしれん(笑)。数あるインプレッサページとは異質な、マイペースな奴にしようと思います≦(._.)≧ ペコ


*1 但し、テクに自身が無いので一人でね(笑

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2679, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2009-08-20 (木) 00:36:34
最終更新: 2009-08-20 (木) 00:37:09 (JST) (2956d) by maruo
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード