セキュリティについて強化してみた

7月 19, 2017

最近、重要なサービス系も増えてきましたので、なるべく開放するポートを少なくすべく、最適化をいろいろと考えてみました。んで、

  • VPNサービスの最適化
  • ログインを要求するサービスに対するFail2ban設定の追加

最近、いろいろとサーバで運営するサービスも増えてきたので、穴を塞ぐべく。終わりなき改善は続きますね…

中国が大躍進した仕掛け

7月 7, 2017

先日、池上彰氏の番組を見てて、「中国の動きがなぜここまで速いのか」という事をやってましたが、結論は、「優秀な指導者による独裁体制だから」という事らしい。

中国共産党員は、8260万人。実に13億人のうちの5%以上を占めるという、なかなかの人数ですね。

  • 共産党に入るのも、スカウト制
  • そこから中央政治局員200名を選抜
  • そこから中央政治局常務委員7名を選抜
  • 7名から総書記1名を選抜
  • 67歳で定年

で、事実上、常務委員7名の決定に従い、全ての方針が決まり、組織の若返りが実現されると。まぁ、事実上の7名による独裁体制ですね。だから動きもスピーディだということですか。なるほどねぇ…
民主主義は「衆愚政治」と言われた事もありますが、結局みんなが納得しないと動かないですから、意見の調整が大変になる。だから動きが鈍い。優秀な人が指揮すれば、的確な判断で、かつ速い動きが可能になるってことですね。理論的には。

ただ、この7名に対する汚職や賄賂も物凄く激しくなりそうだし、暴走したらどうなるか、という所もコントロールが難しいところですが、そういうのはどうやって制御してるんでしょうねぇ…興味深いところです。
67歳で定年ってところがポイントなのかなぁ。

( ̄へ ̄|||) ウーム、少なくとも、この中国のスピード感に、到底日本は追いつけないですなぁ…また、日本には優秀な指導者の育成プログラムってのも明確にはなさそうですしね…もちろん中国のやり方が正しいとは言い切れないけど、意思決定のスピードの向上という意味では、考えないと行けない点がおおいのかもしれませんね…

奇抜なアイディアは認められない

7月 6, 2017

今、あるシステムの実現方式の検討で、揉めています。A案、B案と2つ出ているのですが、どちらも一長一短。また、主張する社さんも、どちらも一歩も譲らない考えです。

で、私は、この2つの案のデメリットを解決する第3案を考えました。ポイントは

  • どこの偉い人も発表していない、オリジナルアイディア
  • これからの新技術開発も視野に入れたアイディア

であるので、正直突飛な発想です。残念ながら

  • 数年のうちに考えても実現できると思えない
  • 結局他社案の変形では?
  • 揉めてる最中、更にアイディア出しても収集つかなくなるだけ

と、あっさり却下。まぁ、所詮一介の協力会社ごときが出したアイディアなんて、認められないのはわかってましたけどね。

でも、必ず近い将来私が提案した方式になる

そして、社会的に権威がある人が発表すれば、採用されるのもわかってる

と思うのですよ。そもそも研究開発なんだから、今まで存在しない形を提案しないと意味がないと思うんだけどなぁ…まぁ、所詮日本の企業の技術者は、クリエイター気質では無いと思うので、わかってましたけどね…

でも、本当に悔しいなぁ!

研究職やってる偉い人と知り合いになれないかなぁ…俺のアイディア、話してみて感触聞きたいんだけど…そういう人が発表してくれれば、すごくうまく回ってくんだけどなぁ…

自民大敗

7月 6, 2017

今都議選で都民ファーストの会が第一党となり、自民が議席を減らすという事態になってますねぇ。

自民党の歴史的大敗として、大きく取り上げられ、安倍政権が持つ問題が浮き彫りになったのでは?と話題になっておりますが…

  1. 自民がイヤで、都民ファーストの会に期待しているだけ(いわゆる後ろ向きな選択)
  2. 小池さん支持の方が非常に多いのを反映して、第一党となった(いわゆる前向きな選択)

さて、どっちなんでしょうねぇ…
2.ならいいけど、1.だとちょっとね…なんとなく民主党が選ばれた時を思い出します。是非、二の舞にならないよう、成果を出していってもらえるといいですね。
また、都民ファーストの会って、新人議員が70%を占めると言われておりますが、これがうまくいくのかどうか…今まで、小泉チルドレン、阿部チルドレンと呼ばれる新時代の議員も生まれてますが、大体のところうまく行っていない、活躍するものが少なく、むしろ問題起こしてきたことが多いですが…

今回のいわゆる「小池チルドレン」はどうなのか?いわゆる小池さんの壮大な実験プロジェクトとも言えるでしょうから、まさに手腕が試されるところでしょうか。要注目ではありますが、願わくば、これが良いライバルとなって、なんとなく閉塞感のある国内政治の活性化につながってくれるといいなぁ~、と切に願います。いや~、本当に。

NuANS NEO [Reloaded]使用しての、改めての感想

7月 5, 2017

さて、6/18に新スマホNuANS NEO [Reloaded]が到着しました。いろいろとご意見があるようですが…賛否両論あるようですので、なるべく公正に、中立的に分析してみて、結局どんな人向きなのか。誰が買うべきなのかを考えて見たいと思います。
外観の特徴
5.2インチのディスプレイ、比較的大きめ(74.2×141.6×11.3)のサイズ。正直言って、最近の薄型スマホの流行りから行くと、かなり大きくて分厚い部類に入ります。周りは丸みを帯びたラウンドデザイン。手に馴染む形で持ちやすい。が、ディスプレイまで丸みを帯びているので、保護フィルムは結構貼りづらい。「CORE」と呼ばれる本体は、当初ブラック半透明のカバーがついているので、そのままでも使用可能だが、別売りカバーで着せ替えさせること前提。決して精度高く作られているわけではないので、本体自体の美しさと言えば、iPhoneやXperiaのガラス鏡面デザインなど美しさに遠くは及ばない。が、どうせ美しいiPhoneとて、保護ケース入れて使うんだから見えないよね、とした場合、こんなに本体と一体化したスマホケースはないでしょうね。そういう面では面白い。よく考えられている。どちらかというと、「自作互換機のケースを選ぶ」感覚。

性能
Qualcomm Snapdragon625 ARM系64ビットコアで、インオーダー命令実行型CPU 2.0GHz8コア。アウトオーダー型CPUではないので、ハイエンドCPUからするとスペックは相当低いが、大体2年前のSnapdragon810と同じ(XperiaZ4相当)と考えるとよい。まぁ、そんなに困らない程度のスペック。
メモリ3GB、内蔵ストレージ32GB、SDカードは1TBまでサポート。私は128GBを入れて使用している。まさに、2年前ならば最高スペックだが、今では凡庸。でも、前に使用していたXperiaZ4を、積極的に変更しようと思っていなかった私からすると特段不足は感じない。
指紋認証センサーと、1300万画素SONY製カメラセンサーを搭載し、これまた凡庸。だが、これまた別に不足は感じない。スマホをPCクラスのメインマシンとして使用したい昨今の若者には、ちょっと不満かもしれない。母艦PCを別に持ち、電話+緊急用端末として使用するスタイルの場合は、これで十分である。

ソフトウェア
買ってきた当初は、Android7.1.1のスッポンポン状態。Googleさんのデフォルトアプリのみ。はっきり言って、なんの特徴もない。その代わり、別に動いてなくても良い、キャリアさん用サービス・アプリ(ドコモさんのdなんちゃら)や、各メーカー製オリジナルアプリ(SumsungやSONYさんのアプリ)もない。ので、メモリがスッカスカ。
自分で追加したい機能をどんどん入れていけば、どんどん育っていく。
言うなれば、OSのDVDやISOイメージを持ってきて、クリーンインストールした状態。なので、Officeでも、Adobeソフトでも、Freeソフトでも、なんでも入れて使えばよい。お好きにどうぞ、という状態である。逆に、自分でカスタマイズしない限り、味もそっけもない

特徴
キャリア製スマホを作っていないメーカーのスマホとして、初めてFelicaおサイフ機能を搭載した。これは、正直革命的である。

  1. 高性能おサイフスマホを買うには、キャリアと契約しなければならない
  2. SIMフリーにした場合、スペックを犠牲(例えばSharp製のSHなんちゃらや、Android Oneの場合、Snapdragon435あたりで、1.5GHz程度)にしなければならない

ところを、スペックそこそこ、おサイフ付きで、5万円以下で変えるというのは、現在この機種唯一でしょう。

電池持ち
3450mAhで、そこそこ大容量。CPUもそんなに電池食いではないので、朝6:00~夜中12:00までは余裕でもつ(私の使い方で、残り40%位)。毎日寝るときに充電するのなら、全く問題なし。

使用感
不便さを感じない。昔っからAndroidスマホで使用しているアプリを、GooglePlayから片っ端からダウンロードし、XperiaZ4やGalaxyS4と同様の状態に戻してみました。

サクサク、ヌルヌル。以前のスマホで感じていたメモリ不足や、発熱による速度低下で、全く反応がなくなってしまうイライラは、ほぼない。2年前のスペックなのに、なんでこうも違うんだろうと思うほど。やはり、スマホのハードウェアスペックは、2年前くらいで必要十分に到達していたみたい。あと2年たつと、メモリ不足などでてくるのかもしれんが、2年後には多分今の最高スペックが5万円ぐらいになってるだろう。

この機種向きな人

  • 自作互換機好き。オリジナル大好き、カスタマイズ大好きな人
  • 自分でググって何とかできる人。はっきり言ってマイナー機種なので、情報は少ない。TwitterでメーカーであるTrinityやサポートとコンタクトは取れるが、サポートに技術的な事を聞いても一般的な回答しか帰ってこないのはどこのメーカーのを買っても大体一緒。Androidの一般的な事を自分で調べて、問題を自己解決する能力がある程度求められる
  • 自分はこのように使いたい!というポリシーを明確に持っているが、有名メーカー製スマホでは満たされたことがない人。自分のポリシーに向けてどんどんカスタマイズしていけばよい。

この機種は薦められない人

  • スペック厨。だって、凡庸だもの
  • スマホが私のすべて!メインマシンはiPhoneだぜ!という人。このスマホに全てを求めてはいけない。
  • AppleLoveな人。だって、JobsはCoolな生活提案してくれたでしょうが、こちらはCoolは自分で作れ!というコンセプトですから。

どうでしょうか。万人にはお薦めできない。いや、iPhoneやキャリアスマホをソフトウェア的にノンカスで使用しているだけの人はむしろやめたほうがいい。何もないから。が、ニッチな私のような人にはドハマリなスマホです。OSはカーネルとGUIのみ。後は全てインスコアプリを使用する(LinuxもWindowsもスマホも)というような私のニーズに応えてくれて、性能のスマホなんて、今のところこの機種しかないからです。OSなんて空気のようなものがいいんです。偉い人にはそれが分からんのです。
これを期に、Felica搭載の素のAndroid高性能スマホが増えてくれると、嬉しいんだけどなぁ~。

無名だからって好き勝手書きすぎじゃね?

7月 3, 2017

市川海老蔵、不幸があった後にディズニー 不謹慎なのか?

他のご家庭の休日の過ごし方、別にどうでもよくね?

正直、大きなお世話である。まぁ、賛否両論いろいろあるのはよいけど。無名でネットに晒す内容ではない。本人に直接諭せばいい(まぁそれでも大きなお世話ですが)。
多分ですが、いわゆる金銭目的では無いクレーマーって。よっぽど劣等感強いんじゃねーかなと。普段自分よりもランクが上の人の、批判できそうなポイント見つけたら徹底的に叩いて、「自分は素晴らしい見識を持っている」と見せつけたいんじゃないですかねぇ。というところを見せることで「ちいせーヤツだな」と思われていることすら気づかず。

もうアホかと。馬鹿かと。小一時間問い詰めたい。

SIMフリースマホ導入

6月 22, 2017

今まで、国内スマホと言えば定番の、Xperiaを使用してました。思えば、その当時で最も評価の高いスマホを使い続けて来たわけですが。

  • LG L-01D(初LTEでおサイフ内蔵の初スマホ)
  • Galaxy S4(Androidスマホと言えば、最も安心はGalaxyと言われてましたね)
  • Xperia Z4(Snapdragon 810搭載で、スペックも2年前は最強と言われてました)

どれもこれも、どうもイマイチで…

  • 電池の持ちが悪い。1日持たない
  • 動作のもっさり感がとれない。余計なアプリが動きまくってて、メモリを圧迫している

と、言うわけで、SIMフリー、キャリアスマホではないおサイフ対応のそこそこのスペックのスマホがないもんか探してましたが…

つい最近、ニーズに合うスマホがやっとでた!

NuANS NEO [Reloaded]

おサイフ対応、メモリ3G、素のAndroid7.1搭載。これ、革命的だと思います。

  • キャリアスマホからの解放。今までは、おサイフ搭載のそこそこのスマホは、3大キャリアご謹呈のスマホでないとなかったのですが、キャリアのSIMに契約する必要がなくなった
  • カスタマイズの自由度向上。素のAndroid7.1だから、ほんとになんもない。メモリは全て自分のカスタマイズアプリに使用できる
  • デザインの自由。そもそもカバーが交換前提なので、デザインがいろいろ変更可能。ある意味きせかえスマホ
  • 電池の持ちがすごくいい!家出て、帰ってくるまでで、50%程度の電池が残っている

まさにAndroidのコンセプトに相応しい

まさに自由なのですよ。まず決していいCPU使ってるわけでないのに、動作が快適。UIも変更がいくらでもできて、本当に楽しい。モバイルSuicaも快調です。
例えて言うならば、Apple製品はフルコースなのですよ。便利機能は全て用意されている。ので、Apple製品で統一すれば、なんでもできる。が、Apple製品に不満がある場合、そこから抜け出してより良いものを探すのはなかなか大変。
このスマホは、ある意味自作互換機のような楽しさがある。自分で使い方をチョイスして、自分好みにカスタマイズする。まさに自由です。

Trinityという小さな会社の挑戦ですが、これからも末永く、こういう商品を出していってくれると、いいなぁと本当に思います。また、一つの可能性を示したとも言えますね。Trinityの挑戦に賞賛を贈りたい!こういうSIMフリースマホがどんどん出てってくれると、選択肢広がって嬉しいなぁ~。

夢中になるものを見つけた!

6月 15, 2017

新しいモノを見つけて、それに取り組むと、やはり夢中になりますね。

昔っから、私クラウドサービスなるものはどうも苦手で。というのも、個人情報をどこにあるのか分からないサーバに預けておくというのは、何とも気に食わないところがあったわけで。なんていうか…重要な情報を他人に握られているような、そんな気がしてね。
今やスマートフォンというデバイスは、GoogleさんもしくはAppleさんのサービスに大きく依存しているわけですよね。スケジュール、電話帳、ファイルやお仕事などなどなど。
とは言え、PCやスマホ等、複数のデバイスで同じ情報が共有できる便利さはたまらなく良いわけで。特にスマホやPCの機種変時は、この上なく便利ですしね~。というわけで、私も以下を使用していたわけです。

  • Googleコンタクト
  • Googleカレンダー
  • Googleリーダー
  • Evernote

しかし!

Googleさんは突如サービス辞めてしまったり(かつてのGoogleリーダーショックや、画像処理プラグインのNik Collectionの開発停止は記憶に新しい)、Evernoteが突如サービスライセンスを変えてしまったりと、がっかりがいっぱいだったわけで…

そのたんびに、自宅サーバにサービスを移行していったわけです。自分ちでやってる分には、自分がやめない限りサービス終了しないですからね。
で、今回は、Evernoteの2クライアントまでしか同時接続できないようにライセンス改変されたのを期に、何とかできんもんかなぁと思っていたところ…

オープンソースのクラウドサービスがあるじゃないか!

という情報を得て、今頃NextCloudなるツールに手を出しました♪。これ、Webサービス、PCクライアント、スマホアプリとマルチクライアントになっているファイル同期ソフトの上に、カレンダーや連絡先の同期までそろっていると来ている。

これはすご~い!

と、言うことで、今新スマホ購入を期に、以下のサービスの自宅サーバ移行を試行実験中

  • Googleコンタクト
  • Googleカレンダー
  • Googleタスク
  • Gmail
  • DropBox
  • EverNote

今のところ、上記は全て行けそう。全て完了したら、久しぶりにインストールメモを更新しよっかなーと。

ヤヴァイ、久しぶりにチョー楽しい♪

新しいサービスによって、ライフスタイルが変わるというのは、とてもたのしい♪

もはや私の手には負えそうにない…

6月 3, 2017

うーん

巨大企業と巨大企業の間の利権争い。それにもっとデカイ組織も絡んでいそうな、そんなドロドロのプロジェクトになりそうだわ。

それを、おいちゃん一人でやるの?

いや、それは、多分ムリじゃないかな…仕事をやる以上は、もちろん銘を名乗ってお仕事するわけですが

おいちゃんごときが、その銘の代表を名乗って良い訳がない

面倒な事に巻き込まれて締まった感満載ですわ…

共同開発って、うまくいくんだろうか…

5月 13, 2017

今、新たな仕事でライバル他社と手を組んで開発をすすめる話になりましたが…

果たしてうまくいくんだろうかね?

純粋技術論で、利害関係を超越してやっていければうまくいくんだろうけどさ。大体利害が絡む利益追求団体である企業どおし、しかも同じ商品でことごとく競合する会社どうしですよ…

あきらかに狐と狸の化かし合い

になるんですよ。あぁ、嫌だなぁ…技術に政治ゲームが絡んでくる状況。おいちゃん、政治駆け引きとかロビー活動とか嫌いなんだよね…
気が重いですわ…

そもそも共同開発ってさ、パナビア トーネードとか、ユーロファイター タイフーンとか、だいたい揉めてるし…なんせEUが消えるかもなニュースもあるし、利害が一致しない人たちが集まると、ろくなことにならないんだよね…マジで。

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード