人が絡むと、面倒ばっかり

3月 4, 2017

大勢で作業をするチーム。

この方面は○○お願い、あっち方面は△△お願い。こちら方面は□□お願い。
みんなで分業して仕事を進めます。

  • 大体、予定通り仕事してくれない
  • しかも、その状況が共有されない
  • で、仕事が遅れて割を食う

お陰で、帰りも遅れるし、電車の窓口でちんたら問い合わせしているおばさんのせいで新幹線乗り遅れるし、帰りも遅くなるし…

あーもー!人が絡むとろくなこと無い!

私の想像を超える、凄い働きをする人とやりたい…

と言うと、語弊があるかしら??

俺自身、使いづれーと思われてるかもしれないし(笑)

私は真の飛行機好きではないのかもしれない

2月 14, 2017

私、写真を始めたのは、飛行機、というよりも正確には

ブルーインパルス

が全てなわけです。浜松で生まれ育ち、ハチロクブルーが描くスモークに触れ、その美しさに魅了されたことがきっかけでした。
つまり、飛行機が好きというよりも

アクロバティックなフライトや、機動飛行などの派手な機動が好き

なのです。で、最近飛行機写真のコアな人たちと触れ合う機会が多くなったわけですが

ん~、正直、付き合いきれない…

飛行機好きにもいくつかあって。

  • 戦闘機vs旅客機 もちろん両方好きもいる
  • 機体そのものが好きvsもろもろ含めた風景が好き

言うなれば、戦闘機の機動飛行は車で言えばレース、電車で言えば新幹線ですかね。旅客機は乗用車もしくは通常路線かな。
で、機体そのものが好きな人は、とにかく珍しい車両なら押さえとく派。もろもろ含めた風景好きは変化を好む訳で。
で、コアな方々は、戦闘機も旅客機も両方好きで、基本機体そのものが好きだということ。

私は

戦闘機で、もろもろ含めた風景

が好きなんですよね。そこにギャップが有ることに気づいた。皆さん、ポイントにくっついて、飛行機がきたらばとりあえず毎回連写。

ごめん、同じような写真ばっかりで飽きちゃうんだわ

しかも私…スペシャルマーキングとか特に興味がない。R2-D2だろうが、ドラえもんジェットだろうが、別にどーでもよい…

ド迫力の爆音の、ド派手な機動がみたい

ので、1日空港で旅客機を見る?正直耐えられん。同じような写真ばかりで飽きてこないかしら…いや、多分大量の写真のなかの一部のセレクトなんだよね。そうですよね。でもねー…

三脚立てて、一日じっと待つという、風景写真的な撮り方は性にあわない

スタイルがスナップ的なので、サッといって、サッと構えて、シャシャシャっと撮る。ささ、移動移動

のほうが楽しい!

多分、私は中途半端なんだろうな。でもいい。趣味なんだから、

私が楽しくないことやってもしょうがない

飛行機は航空ショー専門で行こう。マジで。

ドローン関連って、面白いですね!

2月 13, 2017

最近、ドローン関連に仕事柄関与するようになったので、少し調べて見ていた所、

色んなツールがオープンソースで公開されている

ということで、自宅でも遊べないかと思い、少しインストールして設定をばしてみましたよ。

  • 地上管制システム(Ground Control System) MissionPlanner
  • ドローンのシミュレータSITL
  • オープンソースのフライトシミュレータ FlightGear

が連動するらしい!これは面白い!ということで、早速自宅のPCで環境を組んでみました。
なかなかしばらく遊べるかもしれない…

まさかと思いますが…なぞの事象?

2月 11, 2017

最近、Wordpressの脆弱性の話題が、ネットを駆け回っておりますが…

何故かうちのサイトも、Wordpressの管理画面に入れなくなっておりました。

おかしい…Wordpress 4.7.2にアップデートしたはずなのですが…ともあれ、DBを直接書き換えてpluginを停止し、4.7.2のファイルを上書きすることで復活いたしました。
いわゆるコンテンツ書き換えの被害にはあっていないようではありますが…とりあえず思い当たる理由が一杯ありすぎて…

  • カーネルのアップデート
  • BerkreyDBのアップデート
  • BerkreyDBアップデートに伴うパッケージのリンクパッケージ更新

等…まぁ、とりあえず復帰して良かったです。

ちょっと!革命的かも!

2月 2, 2017

日商会頭 アメリカ車「日本の顧客に合う努力を」

すげぇ!

アメリカの大統領がトランプ氏に変わってからと言うもの、日々ニュースに事欠かないですね。一部国家からの入国規制したり、反対した大臣罷免したりやりたい放題。
そんななか、『日本はアメリカ車を売る努力をしていない』というトランプ氏発言。歴代大統領に、何度となく言われていたことだと思います。ネット民とかは裏でひっそり言ってましたよ。私も思ってましたよ。

「日本ではドイツ車が売れていて、アメリカ車はほとんど売れていない。日本で売るなら日本の顧客に合うような努力をするのが当たり前だ」

これを、公式発言として日本の実力者が意見を発したのは、大きい

多分、今までは大統領は政治家でしたが、トランプ氏はビジネスマンだと直感したのでしょうね。反論しないと付け込まれると。

日本のスタンスを変えるきっかけとなって、ある意味いいカンフル剤になるのかも…しれない~かな?

A級戦犯かそれとも英雄か?

1月 11, 2017

去年まで、ビッグプロジェクトを推進してましたが、それも結局継続することなく終わってしまい、ワタクシ別業務に変わったわけですが。

自社の偉い人達が私に非常によそよそしい

のです。フレンドリーに話しかけるわけでもなく、怒るわけでもなく、もちろん褒めるわけでもなく。

先般のビッグプロジェクトは、正直成功とは言えず、というよりも、大失敗の方でしょうな。初めて挑むお仕事で、正直丸く収まるはずもないでしょうな。超チャレンジャブルな内容で、投げ出したくなる程課題も満載で、とても利益なんて出る状況ではございませんでした。
つまり、会社の事業としては失敗なわけですわ。損失出しちゃった訳なので。
そういう意味では、私は会社に対しては大罪人なわけです。

納期通りに、お仕事自体は納めてしまったんですよね。社内でも、絶対納期内に終わらせるのは無理と思われ、私自身も無理だろうと思っていたにも関わらず。
そういう意味では、超リスキ-で、自社史上初の業務をきっちりやり遂げた功績もあるわけで。

金銭的には非難したい。これで、納期も守れなかったのなら、プロジェクトを失敗に導いた大罪人として、公然と私を処刑できたんでしょうが、製品を納めるという、責任をきっちり果たし、対お客さん的には体裁を守り、きちんと責務を果たした事も事実な訳で。

なもんで、どう扱っていいものか図り兼ねているのだろうなーと。これからどーいう展開になるのか…ワタシ自身全く分かりマヘン。まぁ、まずは今の仕事に集中して結果をだそう。うん。

明けましておめでとうございます♪

1月 1, 2017

さて、明けました2017年。いろんな事がリセットされたような気がするこのお正月。さて、今年はどうなるんでしょうねぇ…

  • 今まで続けていたプロジェクトも、継続することなく終了…私移動。新規一転再始動
  • プライベートでも家族が増えたので、新たなライフスタイルを再構築せねば

公私にわたり、大きく変化し、新規スタートな年なのであります。
去年は、前半仕事で大変なこともありましたが、得られるものも一杯ありました。ここで得た経験を元に、更なる飛躍!と行きたいところですね♪

2017年も変わらずご愛顧の程を、よろしくお願いいたします<(_ _)>

2016年も終わろうとしていますね…

12月 27, 2016

早いもので、もう年の瀬。残す所あと僅かですね…

2016年の覚悟は今でも覚えていますが…

絶望しかない死地へ赴く死刑囚の気分

でした。もう、やるしか無い。やりきるしか無い。たった一人ででも。我ながら、悲壮な覚悟で臨んだミッションでしたよ。

正直、何度投げ出そうとしたことか。様々なトラブルもあったけど、何とか乗り越えました。自分の中でも奇跡だと思えるほど、運が良かったと思いますよ。
そして、趣味の写真も、何度か入賞や、写真展で展示していただいたり、私生活も変化があったりと、まさに激動の1年でした…
いろいろあったけど、何とか平和に年の瀬を迎えられそうです。

終わりよければ全て良し!

としよう。来年は、完全にリセットで、新たな環境でまたチャレンジが始まります。きっといろいろあるんだろうけど、何とか平和に過ごせると、いいなぁ…

気持ちは世間とずれているのかしら?

12月 14, 2016

日本人女性7割が「直属の上司は男性が良い」と回答

なかなか興味深いアンケートっすね。至極単純にこのアンケート結果を理解したとすると、ですが。
女性キャリアは部下から人気が無いので、自動的に上に行けない、ってことか。

つまり、女性のキャリアアップを邪魔しているのは、女性自身

ってこと、なのかな???そりゃ、男性と女性で、給与やキャリアサポートに差がでるよねぇ…
逆に、昇進する女性は、

異性/同性問わず好かれる女性

って、事なのかな。なるほどねぇ。男性キャリアにも言えることではあるんだけどね~。覚えておこう。

AIが発達したら、人間は何が出来るのか?

12月 5, 2016

昔、こんな記事を書いたのですが、最近、AIがあと50年で人間を追い越すだろう、と言うことが言われ始めてますね。
さて、その時…どんな世界が待ってるんでしょうねぇ…
いろんな番組や記事で、その危惧が出始めてますね。

  • 全職業のうち、50%はAIに置き換えられて、失業者が増える
  • 悪意的に教育されたAIが、テロに利用される
  • そもそも人間に好意的な判断をAIが下すだろうか?

等。私、ふと考えてみたら…人間とAIの決定的な違いに気が付きました。
人間は、知能も確かに持っていますが、本能的な「欲望」を持っています。いわゆる煩悩ですな。
さて、対するAIはどうでしょう。数学的に作られたコンピュータ上で動作するわけなので、あくまでも冷徹に、論理的に動くわけです。
学習が中立的に行われたとして、論理的に正しいと思われる判断をAIが下したとき。それは人間的な判断なのかどうか。

例えば、ですが。ある映画の1シーン。

記憶喪失の男が、ある老紳士の所に流れ着いてくる。その男性は、老紳士の息子にそっくりだった。そのため、息子が帰ってきたと思い、しばし一緒に暮らします。が、あるときその男の記憶が戻ってしまう。老紳士の息子ではなかった、と理解してしまう。だが、その老紳士に寿命が訪れ、死の間際にこういう。
「私は、死ぬ前に息子に会うことができた。幸せに死ぬことができる。」
その男は、悩みながら、死にゆく老紳士にこう答える
『あぁ、そうとも。父さん。』
そして老紳士は逝ってしまう…

とても人間的で、胸を打たれるシーンですが、AIならばどうでしょうか。死の間際という老紳士に、わざわざ真の息子ではない、という事実を突きつけ、絶望の中死ぬこともないだろうと、人間なら思うでしょうが…AIに人の死の概念は無いでしょうし、『嘘はよくない』という一般的価値観があれば、躊躇なく本当の事を言うでしょう。
が、それが論理的には正しいとしても、人間的にはどうなのか…ということです。

かつて、コンピュータの黎明期には、人間がコンピュータに合わせるようにしていました。そうでないとコンピュータは働いてくれないから。
でも、そのコンピュータが人間を超越したその時、コンピュータは、果たして人間に合わせて、くれるのでしょうか、ねぇ…

多分ですが、こういう判断なのでしょうね。

人間に合わせることが、論理的に正しいことなのかどうか?

人間世界の正義とは、人間に都合がいいこと。その人間の正義は、論理的に正しいこと、なのでしょうか…

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード