AIの普及で、資本主義の限界がやってくる

8月 18, 2017

さて、そろそAIの脅威が囁かれはじめている今日このごろ。あと20年もすれば、日本の仕事の40%はAIに取って代わられているだろうと言われていますね。

人間がは働かなくていいなんて、いい社会じゃないか

うむ…そうなのだろう。それによって、人件費は削られ、色々なものが安くなるのだろう。その結果どうなるのだろう。

当然会社は人員削減。それによって、失業者が増える。だから、貧富の差が益々拡大する

さて、何故でしょう。なぜならば

働かざる者食うべからず

が資本主義の基本だから。つまり、仕事を奪われ、失業した人は、当然お給料も出ないので、生活する金にも困る。なので、益々不景気になる。ふの無限連鎖が起きるでしょうね。

資本主義の考えでは

だって…世の中のお仕事から生み出されるOutputの価格って、結局人の生活費が大半ですからね。それが人件費である…価格を安く抑えようとするならば、人件費を抑えるのが一番効く。そのためのAI,ロボット。人一人に1000万かかるが、ロボットが価格下落し、1000万円で変えるのであれば、そのほうが会社からすればよっぽどコストが安い。つまり、いらない人間は排除されるのですよ。世知辛いよねぇ…

さて…今地球の許容量からすると、人間は増えすぎて要るのではないかと。すると、まともに地球のエコシステムの中で暮らしていく限界に達した時に

AIがいればどうにかなるこの世の中で、この人間は必要か否か?

と値踏みされ、平等だったはずの命の重さが、平等で無くなる時代がくるのか…それとも、あくまでも平等だとして、全ての人類を救う新たな社会システムを構築するのか…
長くても、あと20年で選択を迫られそうな気がしますね…

posted in マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード