手の込んだ標的型メール出現

7月 20, 2017

最近、AmazonやYahooを語った、有名サイトのアカウントが停止される系のメールが増えてきてますが、大体SPAMとして検出されていることが多く、メールヘッダの全文を見れば大体わかったのですが…

最近のメールはすげぇ

なんと、DKIM(DomainKeys Identified Mail の略で、受信した電子メールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを調べることができる電子署名方式の送信ドメイン認証技術)をパスしたサイトから送られてくる標的型メールってのがあるんですね…
これ、アカウントが乗っ取られているのか、偽装されているのか分かりませんが…私が送信されてきた某有名サービスを利用していなかったら気づかなかったかもしれません…

最近益々巧妙になりつつあります。本当にお気をつけ下さい。私も知らずに踏まされる日が来てしまうかも…

posted in コンピュータ, マイライフ, 時事ネタ by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード