不思議なほどの無意味な自信はどこから来るのか

12月 3, 2016

プログラムやシステムを納めると、バグ等で問題が起きたりします。で、そういう内容を顧客に報告して、修正内容や対策版プログラムの反映作業の許可をとったりします。

で、幾つか問題があり、その対策の説明用の資料を作成しました。
先日、お客さんにその内容を我々の上司が報告したわけですが

  • 内容がよく分からん
  • なぜその対策で治るのか分からん
  • わかるように書き直せ

という回答を頂きました。で、資料を修正する、という事になった「らしい」。で、その修正を上司がするというのですが、その際、我々に質問が来まして。

そもそも問題の原因がわからないんだけど、何が原因で起きたの?資料読んでもわかんなかったんだよねー

え?

その原因を書いた資料だったんだけど、その内容を理解しないでお客に説明したの?なんでそんなんでお客の前に出られるの?俺なら、資料部下に書いてもらったりしたのであれば、内容について部下にヒアリングして、説明内容とかシミュレーションしてから打ち合わせに臨むんだけど、そういう作業はしないんだ!?

そりゃ、お客も納得させられないですよ。質問受けても、回答できないんじゃ…その状態で、お客の前に出られる事事態不思議ですよ…

posted in マイワーク by maruo

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Leave Your Comment

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード